2013年7月14日日曜日

除湿機を買って5年、激変したあのこと

普段このブログでは、電化製品について述べることは少ない。他の人が書くことを今更私が書いてもあまり面白くなさそうだと思うのと、それほど電化製品に興味がないからだ。

けれども、たまにはいいだろう、昨日にひき続き、お勧めの電化製品の話を、してみようと思う。

うちには一台の除湿機が鎮座している。購入してもう5年になるだろうか。
ぶっちゃけ中古品である。2006年製だから、製造されてから7年になるが、安心の日立製なので、今でも充分機能している。

買うまでは、かなり迷った。なにしろ、買わなくても生活に困らない。なくても困らないものを買うことは、勇気がいる。なぜなら間違った選択だった場合、生活必需品を買ってハズレを引く場合よりもはるかに「ムダなことをした」感が強く、後悔するからだ。

そもそも今のクーラーにはたいてい「除湿」機能もついている。それなのに、あえて除湿機を購入するのは贅沢ではないか? という躊躇もあった。

それでも私が除湿機購入に踏み切った理由……それはゴキブリだった。

ゴキブリという名の悪魔
今の家に引っ越す前、もっと狭く、もっと古く、もっと隙間の多い部屋に住んでいた。夏場になると、部屋を清潔に保っていても、必ずシーズン中に3回はゴキブリと遭遇する。これが恐怖だった。

正直、私はゴキブリが大嫌いだ。昔平井和正というSF作家が『幻魔大戦』という小説の中で、
「ゴキブリは地獄由来の生物だから、人間は本能的に忌避する」
と書いていた。この作家の書くことはバカバカしいことが多いのだが、そこにだけは深く同意した。あの小さな身体に大量の雑菌をまとわせてカサカサと素早く動きまわるのだ。彼らが悪魔の化身でなくてなんだと言えようか。

それが年に3度も必ずご対面するのだ。会いたくない奴と会うのは職場だけの冗談にしてほしい。

……ネットで検索すると、ホウ酸団子が最強だとか書かれていたけれども、それを撒いても効果がなかった。当時のうちの周辺には側溝が無数にあって、その内部でゴキが夏場に大繁殖していた。階下に住んでいた中国人は食べ終わったスイカの皮をポリ袋に入れずに通路に置いたバケツの中にそのまま突っ込んでいた。ぶっちゃけ、個人レベルでホウ酸団子を自分のアパートの周りに撒いても、たかが知れているのだった。

ところが、
「除湿機を購入してから、ゴキブリを一切見なくなった」
という書き込みを発見したときに、はたと気がついた。

(私の部屋の湿気、ひどいな)

夜、職場から帰宅してドアを開けると、モワ~ンとした生暖かい空気が中から噴き出してくる。日中に太陽光で外壁が暖められて室温が上昇、布団などに染み込んだ汗や炊事場の水が蒸発して、それが部屋に充満するのだ。

そして、ゴキブリは湿気を甚だしく好む。彼らのご先祖の生まれ故郷である熱帯雨林は湿度が高いから、郷愁を感じるのだろうか。部屋の隙間から吹き出す湿気のこもった空気に引き寄せられて、彼らは私の部屋へと集ってきたのだろう。イヤだ、イヤだ。

私はゴキブリと決別したかった。彼らから寄せられる深い愛情は重々承知していたけれども、その愛には、応えられないし応えたくない。

でも、これだけ隙間の多い古い住居だ。除湿機を置く意味、ないんじゃないの? と疑いつつ、それでも投資だと思って、除湿機を散々迷って購入したのである。

結論を言おう。投資は大成功だった。
  • 帰宅しても暑くない
使い方としては、出勤前にタイマーをセットして8時間除湿機を回しっぱなしにするという方法である。

その結果、帰宅しても部屋に生暖かい空気がこもっていることが、皆無となった。結局、夏場日中に室内の空気が暖められたとしても、夕方になれば涼しくなる。暖められていた外壁だって、熱くなくなる。それなのに室内の空気が夜になっても熱いままなのは、空気中の水分が保温していたからだ。それがなくなれば、室内の温度が上昇しっぱなしとならないのは当たり前なのであった。

除湿機自体が熱を発生するのだが、帰宅するのは除湿機が止まって数時間後なので、あまり気にならない。
  • 電気代がかからない
毎日8時間、フル稼働をしているのだから、当然電気代がかかるはずだが、ほとんど気にならなかった。たしか、うちの除湿機は電気代が1時間5円なので、1日40円、1ヶ月で1200円高くなった計算になるはず。でも、帰宅してもクーラーをすぐにつけなくなったせいか、普段の夏よりもむしろ、若干電気代が安くなった。

除湿機能やクーラーを帰宅数時間前に合わせてタイマーでセットしていたことがあるが、その時に翌月の請求が跳ね上がったのに比べると雲泥の差だ。
  • 風呂場のカビの量が減った
前の家はユニットバスだったけれども、掃除を二週間サボると壁の継ぎ目に黒カビが生えるのが常で、そのたびにカビキラーで除菌していた。ところが、除湿機を使う前に風呂のドアを開けたままにしていると、風呂場の空気も除湿してくれて、風呂場にカビがあまり生えなくなった(ただ、夏場に一度はカビの除去をする必要はある。そこまで万能ではない)。
  • 布団が快適
夏場は夕立が怖いので、布団を干しっぱなしで出勤することはできない。当然週末にまとめて干すことになるが、それまで汗で湿った布団を使うハメになる。ところが除湿機を使うようになって、布団の湿気が取り払われた。そこまでは予測していなかったので、これは嬉しい誤算だった。
  • 生ゴミが悪臭を放たない
三角ポストに生ゴミを放置していると、ゴキブリが来るので出来るだけこまめにビニール袋で密封するようにしていた。でも、流し台のゴミ受けに溜まった食事クズが、たった一日で夏場は悪臭を放つことがままあった。それが、まったくなくなった。
  • そして、ゴキブリ
ゴキブリを完全に見なくなった。見事なほどだった。まさか、ここまで違うとはね。彼らが愛していたのは私ではなく、部屋の湿気だったというわけだ。


断言しよう。除湿機は、買う価値のあるものだ。

QOL(Quality Of Life=生活の質)などが叫ばれて久しいけれども、1万円から3万円ほどで、あなたの生活の質がガラッと変わる。金持ちにとっては、高いエアコンでも買えば済む話だろうし、そもそも部屋が広々としているから湿気もこもらないので必要ないのかもしれない。

でも、貧しい人、それほどいい家に住んでいない方は、騙されたと思って買ってほしい。われわれにとって除湿機は贅沢品ではなく、必需品である。

……では、どんな除湿機がいいのか。
私が当時、除湿機を購入する上で気にした点、そして、購入して数年の間に気になった点などを元に、明日、どんな除湿機がいいのかを書くことにしたい。

とりあえず、私の買った除湿機の後継機はこちら。
HITACHI 除湿機 デシカント方式 5.6L HJS-56

0 件のコメント :

コメントを投稿