2014年1月19日日曜日

青年女性向けのマンガのジャンルを作ればいいのにと思ったけれども

恋愛天国 (パラダイス) 2014年 03月号 [雑誌]
恋愛天国 (パラダイス) 2014年 03月号 [雑誌]

「今の少女マンガはえげつないよ」
ということを女友達から聞きまして、数冊の少女マンガを読んでみましたが、たしかにえげつないですね。

エッチは当たり前となり、少年マンガよりも、はるかに性的描写が多いのです。

少女マンガの金字塔となった『NANA』という作品。
こちらも、過激なシーンが多いため、ちょっとどうだろう? と思いました。

もちろん、少年マンガも際どいものもありますが、少女マンガの露骨さとは異なります。少年マンガの性描写は妄想の範囲ですが、少女マンガの性描写は現実の延長上にあり、現実的です。これは逆に少女にとって悪影響を与えないだろうか……と心配になりました。

無論、今はインターネットがありますので、情報はいくらでも仕入れることができる時代ですから、規制に効果はそれほど期待できないかもしれません。

でも、青少年は精神がまだまだ未成熟です。彼らからできる限り性的なものを遠ざけて、落ち着いた環境に置くよう努力するのが、大人の役目ではないでしょうか。だから、少女マンガに露骨な性描写を載せることには、危うさを感じます。

なぜだろう? と思った時に、ふと思いついたことがあります。

男性には青年向けのマンガである「ビッグコミック」という雑誌が用意されているのに、青年女性向けのマンガ雑誌が、ないのではないか。だから、少女マンガに20代女性向けのマンガが押し込まれてしまっているのではないか。

男性雑誌と女性雑誌がはっきりと分かれているのは、感情という点で両者が明確に分かれているからです。もちろん、ユニセックスな方も大勢いますが、一般的には少年は少女マンガの恋愛描写を見るに耐えないものと感じますし、少女も少年マンガの性的な描写には嫌悪感を持つことが多いものです。

それなのに、青年女性のための雑誌がないのは不平等ではないのでしょうか。

むろん、レディースコミックというジャンルがありますが、こちらは男性向けのエロ雑誌の女性版に当たるため、青年女性向けのものとはいえません。

たとえば『今日からヒットマン』や『彼岸島』、あるいは『リアル』や『島耕作シリーズ』のような、性的描写、恋愛をテーマとしないマンガが載った、ビッグコミックと呼ばれる青年男性向け雑誌の女性版があってしかるべきではないか。

そうすれば、『おたんこナース』だとか『おたすけマン』のような20代女性向けのマンガはそちらに掲載され、女性漫画家ももっと女性視点を活かした漫画を描けるのではないか。

こうしたことを思って調べてみますと……意外なことを知りました。以前は、あったのだそうです。

ヤング・レディース
 ヤング・レディースは、日本における女性向けの漫画のジャンル。大人の若年(20代を中心とする)女性の生活や恋愛を描く。
(中略)
 1980年代中盤には女性漫画(レディースコミック)が隆盛し、次いでレディース誌と少女誌の隙間とされた年代をターゲットにした雑誌が続々と創刊され、ヤング・レディースというジャンルが確立した。
 1990年代後半、女性漫画のブームが落ち着くと共に淘汰が進み、大手出版社以外はこの分野からほぼ撤退している。「ヤング」付きの誌名を持つ雑誌は『FEEL YOUNG』一誌を残すのみとなった。
なくなってしまった理由は単純です。……それが売れないから。なぜだろう? と思って友人に聞いたら、即答されました。

「だって、ファッション誌を読んだり現実に買い物している方がマンガを読んでいるよりも楽しいじゃない」

そういうことか。

現実的な女性は、大人になったら妄想よりも実行に移すのですね。だから、マンガを読まなくなるため、彼女たちをターゲットとした青年女性向けのマンガ雑誌はないのです。でも、中には青年女性向けのマンガを求めている人々がいます。そこで、仕方がないから、少女マンガ雑誌に彼ら向けのマンガを掲載している、と、こういうことなのでしょう。

しかし、とうてい現実になりそうにもないような妄想を青年にもなって抱く男という生物は、青年になってもマンガを読み続けるのでしょう。だから、彼らのためのマンガ雑誌が存在するのでしょう。

そしてレディース・コミックが隆盛を誇っているのは、妄想で現実を忘れたい「主婦」という消費者層がいるからなのでしょう。


0 件のコメント :

コメントを投稿