2012年4月3日火曜日

顔面移植 顔認識 等

テレビを観ない生活になってもう数年経ちます。
ネットがあるのでなんら支障はないのですが、芸能人の活躍にまったく疎くなるのだけは悩みのタネです。

猫ひろしがカンボジアの代表になっていたのも最近知りました。
なんでまたそんなことになったのでしょう?
国家の代表になるということは、大変な責任が生じるものだと思っていましたが、そんな重要な役割を、なぜ日本人が腰掛けで担うことになったのやら。

「国家なんてそんなもんだよ」
ということを視聴者に伝えようという、メディア関係者のステマなんでしょうか。

背景に何があるのかわからなくて、気持ち悪いですね。


本日気になった記事はこちら↓

手や足を損傷すると大変つらくて不便ですが、顔の損傷はそれ以上に、厳しいものです。15年かけて、少しずつ、顔を復元していった男の軌跡です。ここまで治ってよかった。


3600万人の人間の顔写真から、たった一人の人間を見つけ出すなんてことができるんですね。人間の顔なんて、ある程度のパターンに収縮されるのかと思っていましたが、3600万通り、それぞれ他とは全く違う特徴を持っている、ということでしょうか。


その"赤"は血の赤ではないにしても、まるで生物のようで、ちと怖いです。
それにしても、昔はプラスチックというのは壊れやすいというイメージでしたのに、ここ10年で、頑丈で壊れにくいどころか、自己修復するような物質へと変化するとは……。


  1. できちゃった婚には、経済的な背景がある。
  2. 特にその中でも高卒の女子の経済的な環境が、できちゃった婚の原因となっている。
これは私の友人を見ていて思うことですが、30代の女性を前に男性がしり込みするのは、決して彼女たちに魅力がないから、ではありません。むしろ落ち着いた大人の魅力があり、同じ30代の男性からすれば話も合うので、世間で言われるほど、彼女たちに人気がないわけではないのです。

ところが、つきあってから痛い目に合うことが多く、それが何回か続くと、それよりも若い女性へ興味が移るということはあるようです。

アプローチしても、値踏みされて時間をかけて、最終的には他の男に乗り換えられてしまうのを、何度か見たことがありました。

GREEといえば、昔は単なるSNSでした。それがいつの間にか、ゲームを主体とした企業となって、大儲けをしています。どう化けるかわかりません。数年前まではオワコンだと思っていたのに。
そういえば昔、カネがなかった時に貧困者がつながり合うSNS、「サバイブSNS」に入っていた時期がありました。
あれももしかしたら、GREEのような存在に化けていた可能性だって……ないか。



0 件のコメント :

コメントを投稿