2014年10月14日火曜日

「ラグビーは紳士のスポーツ」「サッカーは労働者のスポーツ」の意味

よく、
「ラグビーは紳士のスポーツ」
と言われます。その割にはラグビー出身者のガラが悪かったり、不祥事件を耳にしたりしますよねっ?!

私、不信感を持っていたんですよ。なんであいつらのやっていることが紳士なんだろうと。

私の高校にもラグビー部がありまして、かなりの強豪でした。でも、その中に1人いけすかない野郎がいましてね。しかもモテている。

私も体育会系でしたが、女っ気がさらさらなく、恋愛関係では悲惨な高校生活でした。それに比べると、彼らは高校生活の中心的な存在。やっかみ半分、ラグビー部のこと、あまり好きじゃありませんでしたね(嫌いなのは応○部でしたけど)。

ところが、先日「なるほど」と思う説明を聞いて、目からウロコが落ちる思いがしました。

イギリスが、階級社会であるということを、多くの人が聞いたことがあると思います。大きく分けますと、地主・貴族が中心となった上流階級、資本家や弁護士などの専門家が中心の中流階級、労働者階級の3つ。

今では緩和されていますが、昔は上流階級と労働者階級の差はもっと露骨で、なにより経済格差が天と地ほどもありました。

だから昔は、上流階級と労働者階級は、見た目が違ったそうです。上流階級の子弟は栄養価の高い食事を取っているため、背も高く、スポーツで体を鍛える時間もあったために頑健な肉体を誇っていました。

それに比べて労働者階級の子供たちは満足に食事を取れず、いつも腹をすかしていたため、成長しても背が低く、痩せていたそうです。

彼らの間には、歴然とした肉体の差があったため、自ずから、人間には上下があることを悟ったのだといいます。ケンカをしても、一対一なら、必ず上流階級の人々が勝つのですから。

さて、こうした支配者側の人々のことを「紳士」とイギリスでは呼び習わしていました(ジェントリには、もっと深い歴史があるのですが、詳しい経緯はご自分でお調べください)。

ラグビーは御存知の通り、背の高いゴツい人間にとって有利なスポーツです。つまり、
「ラグビーは紳士のスポーツ」
というのは、肉体的に頑強でたくましい上層階級の人々=紳士のためのスポーツがラグビーである、ということにほかならないのです。

では、労働者のためのスポーツとは? それがサッカーです。

ラグビーもサッカーも、イギリスが発祥です(ゴルフやラクロスなど、イギリスが発祥のスポーツは多いですね。イギリスではイヌが昔から大切にされており、イヌは御存知の通りボール遊びが大好きです。そこからボールを使ったスポーツが多く生まれたのではないかと私は考えていますが、それはまた別の話)。しかしやってる人が違います。

今でこそサッカーも選手の大型化が進みましたが、昔はそれほどでもありませんでした。往年の名選手・マラドーナは166cmですし、現在の最高のサッカー選手と言われるメッシは169cmです。それでも2m近い選手と互角に戦えるのがサッカーのいいところです。

ボールは地表近くを移動しますから、背の高さが意味をなさないのです。足で球を移動させることが体格差を消し、平等をもたらすのですね。

だからこそ、体格の劣る労働者階級のスポーツなんです。親の体格だとか子供時代の栄養状態よりも、その後の努力だとか、センスがものを言う世界です。労働者が夢を持て、自分を投影できるスポーツなんですね。

ワールドカップが盛り上がる理由もそこにあります。国同士の対抗戦になると、経済格差以上に人種による体格差が問題となります。身体の大きい者が有利なチームスポーツ――バスケットとかラグビーとか――は、特定の国がどうしても有利です。それに比べてサッカーは体格の差が大きなアドバンテージとならず、特定の人種が有利とは言えないからこそ、平等で面白いのです。

ちなみにラグビーでは、他のスポーツとは違い、3年その国に居住していれば、国籍が異なっていてもナショナルチームに加われるという特別ルールがあります。体格の違いが露骨に出てしまうスポーツなので、そうでもしないとワールドカップでは一部の国ばかりしか勝てません。

日本でも、早慶だとか明治だとか、私立大学がラグビー強豪校として名を馳せたのも同じような理由でしょう。金のある家の体格のいいボンボンにとって有利なスポーツだから、彼らが歴史的に強かったのでしょう。

「ラグビーは紳士のスポーツ」
と言いますと、なにやらラグビーが高尚なもののように思えますが、何のことはありません。金持ちのためのスポーツである、という意味だとしましたら、それほど評価するものでもありませんな。


0 件のコメント :

コメントを投稿