2014年6月3日火曜日

アンジェリーナ・ジョリーの『マレフィセント』が好発進中

女優であるアンジェリーナ・ジョリーが主演している映画『マレフィセント』が、北米映画興行収入で初登場1位となったそうです。
[ロサンゼルス/ニューヨーク 1日 ロイター] - 映画各社や調査会社レントラックの推計に基づく5月30─6月1日の北米映画興行収入ランキングは、 米女優アンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画「マレフィセント」(日本公開7月5日)が7000万ドル(約71億円)で初登場首位を飾った。
この映画を配給しているのがディズニー社です。ディズニーは現在上映中の『アナと雪の女王』でも観客動員数を順調に伸ばしています。今年はディズニーの当たり年といえそうです。

ところで、主演のアンジェリーナ・ジョリーが、最近卵巣の全摘出手術を計画しているという記事を読みました。下記の記事は、2013年5月16日のもの。

★ 乳房切除のアンジェリーナ・ジョリー、次は卵巣摘出を予定
 先日、予防的乳房切除手術を受けていたことを明かした女優のアンジェリーナ・ジョリーが、次は卵巣摘出手術を受ける予定であるとPeople.comが報じた。
 アンジーは14日にNYTimes.comに寄稿したエッセイで、がん抑制遺伝子の「BRCA1」に変異があり、乳がんになるリスクが87パーセント、卵巣がんになるリスクが50パーセントと診断されていたと公表。
医学の発展により、遺伝子を調べれば将来罹患する予定の病気がわかる時代となりました。とはいえ、彼女の決断には多くの人が抵抗感をいだきます。たとえ死の確率が高くなるとしても、今、この臓器はうまく働いてくれています。それなのに取り除くだなんて……。

たとえば将来、私の男性器に悪性腫瘍ができる可能性が8割あり、そのために死ぬ可能性が高いとしても、今、自分の男性器を手術で取り除けるか? 取り除きたいと思うのか? 私だったら、否です。

将来の確率がどれほど科学的に証明されようとも、それを切り捨てて生き延びようと思うか、将来ガンで死ぬ可能性が高いことを肝に銘じながら、今を精一杯生きることにすべきか。これは人生の選択ですが、前者を理知的な人間が選び、後者は情動的な人間が選ぶのでしょう。

……というわけで、彼女が様々な慈善活動にも熱心だと知っていた私は、彼女のことを大変理性的な人間なのだろうと勝手に考えたのですが、その後、ネットで調べると、そういうわけでもないことがわかりました。

彼女は子供の頃から自傷癖があり、SMに凝っていたためにセックスの際にはお互いをナイフで傷つけあうプレイを楽しんでいた、とインタビューで答えています。また、体中にタトゥーがあるということも知りました。

彼女についてそれほど熱心なファンではなかったため、こういう変態趣味があるとは思ってもいませんでしたね。

彼女の数々なエピソードからは、ちぐはぐな印象を受けます。なにか、異常な人が、無理して正常な人を装っているような。正常な臓器であっても科学的に異常なものは敢然と切除できる、というところも、そうして考えますと、勇気ある決断というよりも、ややおかしな人が時折見せる、妙に人間味のない冷酷さと考えるべきなのかもしれません。

まあ、性格がどれほど異常だとしても、正常であろうと頑張っているのならば、それを応援していくべきだと思います。


0 件のコメント :

コメントを投稿