2014年6月3日火曜日

アンジェリーナ・ジョリーの『マレフィセント』が好発進中

女優であるアンジェリーナ・ジョリーが主演している映画『マレフィセント』が、北米映画興行収入で初登場1位となったそうです。
[ロサンゼルス/ニューヨーク 1日 ロイター] - 映画各社や調査会社レントラックの推計に基づく5月30─6月1日の北米映画興行収入ランキングは、 米女優アンジェリーナ・ジョリー主演のディズニー映画「マレフィセント」(日本公開7月5日)が7000万ドル(約71億円)で初登場首位を飾った。
この映画を配給しているのがディズニー社です。ディズニーは現在上映中の『アナと雪の女王』でも観客動員数を順調に伸ばしています。今年はディズニーの当たり年といえそうです。

ところで、主演のアンジェリーナ・ジョリーが、最近卵巣の全摘出手術を計画しているそうです。下記の記事は、2013年5月16日のもの。

★ 乳房切除のアンジェリーナ・ジョリー、次は卵巣摘出を予定
先日、予防的乳房切除手術を受けていたことを明かした女優のアンジェリーナ・ジョリーが、次は卵巣摘出手術を受ける予定であるとPeople.comが報じた。
アンジーは14日にNYTimes.comに寄稿したエッセイで、がん抑制遺伝子の「BRCA1」に変異があり、乳がんになるリスクが87パーセント、卵巣がんになるリスクが50パーセントと診断されていたと公表。
医学の発展により、遺伝子を調べれば将来罹患する予定の病気がわかる時代となりました。とはいえ、彼女の決断には多くの人が抵抗感をいだいているようです。将来に死の確率が高くなるとはいえ、今うまく機能している健全な臓器を事前に取り除くのは、行き過ぎじゃないの? と。

たとえば将来、私の足に悪性腫瘍ができる可能性が8割あり、そのために死ぬ可能性が高いとしても、今、自分の足を手術で取り除こうとするだろうか? と自問します。取り除きたいと思うのか? 私だったら、否です。

将来の確率がどれほど科学的に証明されようとも、早期に切り捨てて臓器の一部を失ったまま生きるべきか、ガンが発生する可能性に用心しながら、それでも自分の一部だと考えて大切にしながら質の高い人生を送るべきか。これは難しい人生の選択です。

彼女は様々な慈善活動にも熱心だそうです。多くの人々に愛を降り注ぎつつ、冷静に将来の不確実性を取り除く冷静な人物なのだろうか? と思いながら、さらに情報を仕入れていくと、そういうわけでもないことがわかりました。

彼女は14歳の頃から恋人と刃物で傷つけ合う趣味があったことなどをインタビューで答えています。また、体中にタトゥーがあるということも知りました。

彼女の数々なエピソードを調べるうちに、どうもちぐはぐな印象を受けます。なにか、異常な人が、無理して正常な人を装っているような。そうしますと、今回の手術も勇気ある決断というよりも、ややおかしな人が時折見せる、妙に人間味のない冷酷さと考えるほうが正しいのかもしれません。

今現在正常なものであっても将来のことを考えて切除することが正しいと思う価値観からは、犯罪を犯す確率が高い人物を今のうちに排除することを正当だと考えるあやうさを感じます。多くの人がアンジェリーナ・ジョリーの今回の決断に忌避感を覚えているようですが、そのあたりが原因ではないかな、と。

もっとも、彼女の性格がどれほど異常だとしても、正常であろうとして頑張っているのならば、それはそれとして応援していくべきだとは思いますが。


0 件のコメント :

コメントを投稿