2013年11月10日日曜日

最強のボールペンを選ぶ

仕事で使っているボールペンが、ときどきインク飛びするのでボールペンを変えようと思っていたところ、以下のまとめサイトを発見。


この記事の人気度を整理すれば、
  1. ジェットストリーム
  2. サラサ
  3. パワータンク
  4. エナージェル
  5. ビクーニャ
といったところのようだ。

ジェットストリーム

 ジェットストリーム芯の心地よさは言わずもがなで、一度慣れると他のボールペン芯に違和感を感じてしまうほどですね。
 油性タイプのボールペン芯はダマができてしまうのが嫌いだ、という方もおられることと思いますが、ジェットストリーム芯はダマも少ないように思います。
 (また、0.5mmのリフィルのほうが0.7mmのリフィルよりもダマのようなものができにくいと感じました。)
 軸のほうですが、下部が金属ですので、重心が低くたいへん書きやすいです。
ジェットストリームにはほかにもたくさんの種類の軸が出ていますが、ほかのものはほぼプラスチック軸です。(Fシリーズはアルミですが)
 それらのほうが軽いのですが、個人的には軽すぎて使いづらく感じますので、下部が金属のこのモデルが気に入っています。
(Amazonレビューより)
サラサ

何といっても濃いインクで字がはっきりと読みやすい、そして滑りすぎずしかし、スムースで書き味がよい、クリップがよく開くので無造作にしても挟みやすい・・・など、いろいろと魅力はありますが。何といっても耐水性がしっかりしているので、滲みがほとんどないし、乾きも速いほうだと思う。
(Amazonレビューより)
パワータンク

 左利きの人はご存知だと思いますが、ボールペンはちょっとした鬼門です。
ペンを押しながら文字を書くためか、普通のボールペンだとインクが出てこない
事がよくあります。
 気持ちよく書けるものがなかったので新しいボールペンが出るとよく試して
いたのですが、これはようやく出会った「左利きでも楽に使える」ペンです。
(Amazonレビューより)
エナージェル

よく無くすボールペン。 これ使ってみればわかるのですが、すごく書きやすいです。 ネットで(SNS)の知り合いも愛用者が多かったので口コミってすごいですね!
(Amazonレビューより)
ビクーニャ

ここ数年、ボールペンといえば、ジェットストリームだったのだが、
ビクーニャが発売されて以来はビクーニャを使っている。
なんといっても、インクが濃いのがいい。
(Amazonレビューより)
結局買ったのは、ビクーニャ。

なぜ敢えて5番目のもの? と思うかもしれない。理由は簡単、文房具屋で検証した結果、このビクーニャが一番書きやすく、しかも安っぽくなかったからである。

使ってみて二週間以上になるが、使いやすくてインクが確かに途切れない。ボールペンなんてどれを買っても同じと思っていたけれども、当たり外れに接すると、違いは間違いなくある。せっかくの毎日の仕事、良い道具に囲まれて過ごしたいよね。

0 件のコメント :

コメントを投稿