2013年10月1日火曜日

最近妙にauの悪評が多い

iPhoneの新シリーズであるiPhone5sの発売は9月30日。それから10日が経った。

ドコモがiPhoneを販売するかどうかで騒がれていたが、めでたく販売されたために、iPhoneを使いたがっていたドコモキャリアにとっては喜びに満ちたシーズンとなった。

ただ、3社が同じ性能の機種を販売すれば、3社のどのシステムが優れているのか、明確に分かってしまう。いろいろな媒体で比較検証が行われた。結果、現時点では、auの圧勝のようだ。

★ ドコモが大変な結果に…!iPhone 5s,5cはドコモ、au、ソフトバンクのどこがいいか、山手線全ての駅で速度を比較してみました
最も高速で通信できたサンプルの割合は、 1位がau、2位がソフトバンク、そして最下位がドコモという結果に。 新型iPhoneがKDDIのプラチナバンドLTEに対応したのが功を奏し、結果に繋がったようです。(中略)また測定ごとに1位を獲得した回数を集計してみても、やはり 1位はau、最下位はドコモという結果に。 
★ 新しいiPhoneで最も“パケ詰まり”しなかったのはau
 携帯電話会社3社のiPhone5sを用いて通信計測調査「iPhone5sパケ詰まり調査」を同9月24日、25日に山手線6駅(東京、新宿、品川、渋谷、有楽町、秋葉原)の駅構内ホームで実施。Webページの平均表示時間はauとソフトバンクが同タイムの5.29秒で最も早いという結果に。
 また、各キャリアの「パケ詰まり率※」も計測。結果、最もパケ詰まりが起きなかったのはauで2.4%。ソフトバンクの3.9%を僅差で制し、au版iPhoneの方がソフトバンク版iPhoneよりも安定した表示時間になるという結果となりました。一方、ドコモは16.8%と6回に1回が「パケ詰まり」となり、他2社と大きな開きがありました。
こういったau礼賛の記事が上がる一方で、auをくさす記事を最近立て続けに読んだ。

★ iPhone5sを購入しましたがauショップでの強制加入オプションの合計が月額2240円だったことに驚き! 私が考える最短解約方法。

★ auのKDDI、あきれた二枚舌営業〜購入時に虚偽説明、強いクレームには特別に補償対応

どちらも(元)auユーザーによって書かれたので、auをくさすためのものでは一見ないように思うけれども、強烈にauをディスっていることに変わりはあるまい。

これって、本当に、筆者の感じたママを書いた結果なのだろうか? 某社が裏で手を引いている可能性はないのか?

……などと考えるのは、陰謀論なのだろうか。そうとも言えない現実を私は知っている。

だいぶ前だが、私の友人が、テレビ報道製作の現場に近いところで働いていた。彼から聞いた話なのだが、携帯電話に関する否定的な情報(電話の電磁波が脳に悪影響を与えるという実験結果が出た、など)を流すと、どこで調べたのか携帯会社からクレームが、瞬時に必ず入ったのだという。

「その研究結果は、どれほど信ぴょう性があるのか」
「あなた方はどれだけ、その件を取材して確認したのか」

「報道をやめろ」
とはさすがに言わない。だが、やんわりと、上記のような確認を執拗に求め、言外に番組へのCM出稿を減らすことを匂わせる。

大口のスポンサーからのクレームを無視出来るはずもない。結局、その手のニュースの扱いを縮小せざるを得ないのだが、あの情報管理は見事なものだった。

最近は「口コミを利用する」などといって、人気ブロガーに提灯記事を書かせたりすることがよくある。クラウドワークスというサイトでも、
「この商品について記事を書いてみませんか?」
などという募集記事がときとき上がっている。

上記2つがそうだとは言わない。だが、某社が、au礼賛の流れを食い止めるために、ブロガーやニュースサイトに対してau批判の記事を書かせていたとしても、不思議ではないように思う。

それが明らかになることはなかろうが、ちょいと、眉に唾つけながらau批判記事を読んでみようと思うのであった。

0 件のコメント :

コメントを投稿