2013年8月20日火曜日

ネット上の情報を、カネにあかせて操作しようとする人々がいる

ネットの情報が今、カネのある奴らによって操作の対象となっている。
まずはこの記事。

★ Facebookの「いいね!」大量生産するダッカのクリック工場
 中国を拠点に「いいね!」やフォロワーを増やすサクラ集団の存在が日本でもクローズアップされているが、今回、調査報道の対象になったのは、縫製工場の崩壊事故で1千人以上が犠牲になったバングラデシュのダッカにあるクリック工場。オーナーは「Facebookの王様」と呼ばれていた。
 ビルの一室で10数人の若者がパソコンの画面を見ながら、アカウントを使い分け、ひたすらクリックを続ける。ある若者は1千のアカウントを持っていると打ち明けた。この工場ではFacebookのいいね!は1千人分で15ドル、YouTubeは1千ビューで3ドルだ。3~4時間もすれば、いいね!が1千人分増えている。
 バングラデシュの若者は1日3交代で24時間、Facebookのいいね!やTwitterのフォロワーを増殖させている。国民1人当たりの月収は約60ドル。クリック工場はバングラデシュでは割のいいビジネスなのだ。
Facebookで「いいね!」がたくさんクリックされているのをみれば、誰もが、
「お、これが今人気なの?」
と関心を持つ。本当に面白いものに関心を持つのではなく、他人が関心を持っているから自分も関心を持つ。同調圧力に弱いのはなにも日本人ばかりじゃない。

次にはこのニュース。
★ 東洋大学元教授が自身の犯罪歴を隠すためにスパムブログを乱立していたことが発覚
H田という人物が犯罪歴を隠すために、「H田学」という言葉で調べても決して彼にたどりつけないように、怪しいブログを乱立させてネットを混乱させている。

たとえばこのブログなんてそうだろう。
★ http://ameblo.jp/ydcat002/entry-11410231393.html
林田学逮捕ブログは林田学が弁護士の視点でリポートします。「林田学弁護士リポート(元東洋大学教授、元弁護士)」と称する所以です。元弁護士林田学がレポートします。
という無意味な言葉が羅列していて、一見統合失調症の患者のブログのように思えるが、そうではなく、たぶんH田氏がどこかの業者に頼んでいるのだろう。彼はどんな犯罪を犯したのか?
 東京・巣鴨の漢方薬局「健命堂」による調剤報酬の不正受給事件で、架空の処方箋を使って調剤報酬などをだまし取ったとして、警視庁生活環境課は(2007年6月)13日、詐欺の疑いで、東洋大元教授で弁護士の林田学容疑者(51)=世田谷区松原=と林田容疑者が実質経営する渋谷区のコンサルタント会社の元社員(50)ら2人を逮捕した。林田容疑者は黙秘しているという。(Yahoo!記事より)
一度逮捕されると社会復帰は本当に大変だろう。だから、このような手段を取ることには同情を禁じ得ない。でも、もっと方法があるだろうに。

カネも権力もない人間が再就職をしようとして健闘しているならば応援したいと思う。でも、こういうカネや権力がある人間がカネにあかせて情報操作をするのはいい気持ちがしない。

たしか10年間の弁護士免許の停止処分がくだされたはずだが、こんな姑息な手段で対策しなくとも、炎上に負けずに毎日反省の日々をつづる、などの方法を取ればよかったのに、と思うのだけれども。

情報操作だけではなく、司法の力を使った情報検閲が、企業ぐるみで行われることもある。

★ atwikiの2006年の不祥事について書くと速攻で弁護士から文句が来るので
 ここの会社は2006年に不祥事を起こしているのだが、弁護士を使って無理矢理削除しまくっているからだ。
 当初わたしのところに来たのは名誉毀損ということだった。
 わたしが引用した他人の文章に事実誤認が含まれていた。
 なので、わたしがその引用部分を削除し、事実誤認のない文章にしたところ、「不快なので削除しろ」というメールが来た。
atwiki、正確には@wikiというレンタルウィキサービスを運営しているのは和歌山県の会社であるアットフリークスだ。ここの元取締役が、大学の同級生を殴る蹴るの暴行を加えて逮捕されたという。

このバカは竹田隼也というらしいが、大学生になってベンチャーやって金持ちになったのに、イジメをするかね? 普通。

とはいえ、ベンチャー企業の初期にどうしようもない人材が混入することはよくある話だ。でも、それを乗り越えて反省してよりよい組織へと変えていこうとすればいい。それでも過去を咎めるのは少数だ。

ところがその事実にフタをしようとするのは、この会社がほとぼりが冷めた頃に竹田というバカを再度社員として迎え入れようと考えているからではないか? と疑われても仕方ないんじゃないか。

それにしても、会社ぐるみで過去を隠蔽しようとするとはね。

こういうのを逆SEO対策というらしく、上記のブログのうち、楽しくないブログのブログ主が、一記事にまとめているのが面白かった。

★ 犯罪者による前科隠しの逆SEO対策は予想以上に数が多いことが判明

では、どのような方法で、ネット上の情報操作を行うのだろうか? 実は下記のような求人サイトで、上記のような情報操作の協力者を募っている。

★ 簡単☆ブログ開設代行依頼(記事投稿なし)
【お仕事詳細】
■ 依頼の目的
無料ブログ50個の開設依頼です。
エクセルシートに記入されたブログサービスの開設をお願いいたします。
■ 進め方
Gメール又はヤフーメールを取得していただき50個のブログを開設していただきます。
こちらで用意しますエクセルシートに開設していただきたい無料ブログの一覧と
必要事項の記入欄があります。
それらに、必要事項を記入して提出をお願い致します。
尚、タイトルに入れて頂きたい文言リストをお渡しいたしますので
タイトル内に組み込みをお願い致します。
(記事投稿しなくてもOKです)
■ 注意点
・ブログのタイトルは同じものにならないように30文字以内で
 バラしてください。また連番も不可です。
・ブログのURLになる部分(アカウント)は同じものにならないようにバラしてください。また連番も不可です。
これって、法律的には問題ないにしても道義的にはOUTだろう。いや、無料ブログを提供している業者は、通常この手のスパムブログの開設を厳禁している。規約に違反しているのではないか?

それにだ。ブログを読む人の信頼を完全に裏切る行為じゃないか。50のアカウントで用意されたブログに、どうしようもない記事が書かれ、そこには時には上記のような情報操作が加えられ、やがて私たちは真実にたどり着くのが困難になる。

ネット上の情報を、こうやってカネにあかせて操作をしようとしている奴らが、今はびこっている。池袋や渋谷には、2ちゃんねるやブログにいろいろな書き込みを行って世論を操作したり、上記のような情報撹乱をになっているIT業者がいくつも存在している。

20代から30代の若者が経営していて、たいてい上層部はヤクザやハングレとつるんでいる。夏場は薄着だから、両腕の刺青がよく見える。それに怯えながら、打ち子は必死で書き込みを続けている。それが今の日本のIT社会の闇の部分だ。

1 件のコメント :

  1. 林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!林田学逆SEO阻止!!!

    返信削除