2013年8月22日木曜日

どうしても悩んでしまう心が問題だと分かったときに、ものごとは解決する

「浜の真砂は尽きるとも 世に問題の種は尽きまじ」
などと言われるほど、一つの問題が解決したかと思うと、別の問題が発生するものだ。

「自分は神様から愛されている」
と胸を張って言い切れる人が何人いるだろうか?

むしろ、
「運命が自分にだけイジワルをしているのではないだろうか?」
と考える人のほうが多いのではないだろうか?

そりゃ、自分よりも不幸な人は世の中にたくさんいる。
でも、自分と同じような能力なのに、自分よりも幸せそうな人の方が多くみえないだろうか?

その原理はすぐにわかる。
問題を抱えているとバレると恥ずかしいし、話しても何の意味もなく、むしろかき回されるだけだ。だから自分の抱える問題の一部しか、外部に漏らさない。
結果、周りがすべて自分よりも幸せに見える。

隣の芝生はいつだって青く見えるのだ。

それがわかっていても、問題は解決しない。ベッドに寝転んで、どうすれば解決できるのだろうといろいろと思い悩んでも、解決方法が見つかった試しがない。

どんな問題で悩むのだろう? 書き出してみると、大したことがない。

難病を患っている人、犯罪に巻き込まれた人、金銭的なトラブルに巻き込まれた人から見れば、退屈であくびが出そうなことばかりだろう。それだけ自分は平和なのだ。

でも、悩んでいる最中はそのことばかりが頭をよぎる。最近だと、こんなことで悩んでいた。

・職場に嫌な人間がいて嫌な言動をくりかえす
・いくら努力しても成果が出ない
・時間だけが刻々とすぎる
・他人が自分よりも先を進んでいるように見える
・決めたことが守れず、弱い意思を後で悔やむ
・余計な一言で、身近な人を傷つけてしまった

頭をよぎらないように他のことをしようとしても、どうしてもそのことが頭をはなれない。
「悩まなければいいじゃん」
とアドバイスする友人にはむかっ腹がたった。
「それができれば誰も苦労しないよ!」
とね。


ところがあるとき、本を読んでいたら、
「あなたが悩むのは、すべて自分の心の問題だ。だって悩んでいるのは心だから」
と書かれているのを読んで、ハッとした。

どうしても、考えてしまうと、悩むことを正当化していた。
でも、どうして、「どうしても考えてしまう」のだろう?

こんな話がある。
体臭がひどくて悩んでいる女性がいた。
自分でもそれが分かるらしく、ワキガの手術も試したが効果がない。

あるとき、その人の家に友人が遊びにいった。
そして唖然としたという。

部屋は閉めきられ、乱雑で、カビ臭い。
体臭じゃなくて、服やカバン、その他もろもろに臭いが染み付いていることが、
彼女の体臭の原因だったのだ。

聞けば、そこのマンションは騒音が激しく日光もささないために、
部屋を閉めきって生活するのが当たり前となったそうだ。
薄暗いために、掃除もおろそかとなり、自然に部屋が乱雑となったという。

「引っ越したほうがいいよ!」
友人が説得しても、自分の部屋がどれだけ異常なのかその人は分からなかったそうだ。
そこで、友人はその人と協力して部屋をとりあえず片づけたという。

「こんなに汚かったの?」
部屋を掃除して、ゴミがまだ残る部屋を見て初めて、
自分の部屋が異常だったことに気がついたというのだ。
それまではあまりにゴミが多くて、かえってゴミのことが気にならなかったという。
彼女は慌てて引っ越した。

今度は日当たりのいい場所。
もちろん、洗濯も毎日できる。
もう、体臭なんかに悩むことはなくなり、ようやく悩みから解放されたという。
悩みを解決するその前に、まずはやらなければならないことがあることを、上のエピソードは教えてくれる。
どうしても悩んでしまうというのならば、まずは、自分の、
「どうしてもそう考えてしまう理由」
という意思の弱さに気づかねばならないのだ。
そして、意思がなぜ弱いのかを、つきとめる必要がある。

自分で自分をコントロールできない人間が、思い通りの人生を送れるはずがない。
いや、そもそも自分で自分の心をコントロールできないから、問題が発生したんじゃないのか?

他人から傷つけられた上に、さらに悩んで自分を追い込むことに意味があるはずないのだ。

わざわざムダなことを考えて、時間をムダにして、なおかつストレスで健康にまで被害が出るなんて、ムダでしかない。それなのに、
「どうしても考えてしまう」
と悩むことを正当化してどうするというのだろう?

では、どうすれば自分の意志力を鍛えられるのか?

普段の心がけ。これしかない。

普段から買い食いをしていれば、買い食いをやめる。
歩くのがのろのろしている人は、少し歩みを早めてみる。
いつもギリギリで出勤する人は、今日は5分、早く出発してみる。
部屋が汚い人は、一日に3つだけ部屋のゴミを捨てる。

結局、悩みを解決する前に、まずは悩みを解決するための道具である「心」を鍛えることが大切であり、心を鍛えることは一朝一夕にはできないのだ。

ほんの少しの積み重ね。
これを10年間、がんばろうと決意して実行するだけでいい。
たぶん、10年たつ前、早ければ数ヶ月以内に、効果が現れるはずだから。

0 件のコメント :

コメントを投稿