2013年1月12日土曜日

コミックを手軽に楽しむ方法

哲学ニュースnwk」というまとめサイトを時々覗いています。"nwk"は「ニワカ」と読みまして、ブームに乗ってやってきた新参者を揶揄するネットスラングのです。

ここの管理人が、まとめサイトの流行りに少し遅れてブログを始めたため、自嘲したものなのでしょう。しかし今ではすっかり老舗となり、アクセス数が毎日100万もある大手に育っています。

さて、その「哲学ニュースnwk」で、先日「主人公が凡人の漫画ってないの?」という記事がアップされました。

たくさんの面白いマンガが紹介されていましたが、私もマンガはかなり好きなので大抵読んでいました。他人の感想を読みながら、うなずいたり首を傾げたり。

中には読んでいないのも混ざっていましたが、少なくともタイトルだけは聞いたことがあります。食指が動かない理由は様々ですが、たとえば『銀の匙 Silver Spoon』という作品に興味を持てないのは、中勘助の『銀の匙』の文章が好きなので、同名の漫画作品を読んでその世界観を壊されたくない、などの狭量な理由です。多分食わず嫌いで、読めば面白いのでしょうけれども。

ただ、紹介されていた作品の内、『惑星(ほし)のさみだれ』というタイトルだけは初めて聞きました。完全に私のアンテナの探知から漏れていましたね。

評価も高く、固定ファンも多い様子です。凡人が努力を重ねながら世界を救うという話は私の大好物でもあり、俄然『惑星のさみだれ』、読みたくなりました。

しかしなにしろ10巻もありまして買うと6,000円強。半日の娯楽費としては少々高い。

漫画喫茶で読めばいいやと考えまして(作家や出版社の方、失礼!!)、都内の漫画喫茶を数店舗、会社から帰宅途中に回ったのですが、どこにも置いていません。

あれだけ品揃えを誇る漫画喫茶にないとは思っておらずに直接出向いて無駄足を踏んだ私は、帰宅しまして自宅のパソコンから、蔵書が検索が出来る漫画喫茶を調べました。

★ マンボーマンガ検索

ここのページの左側にあるマンボーの店舗名のどれかを選択した後、検索窓に調べたいマンガ名を入れて調べます。あるいは、

★ GRAN CYBER CAFE BAGUS コミック検索

ここのページの右下をクリックして、店舗名を選択、そのあと左側上部にある検索窓に調べたいマンガ名を入れて調べても探せます。

……ところが、どちらにも『惑星のさみだれ』がみつからないのです。

すぐに読めないとなると、どうしても読みたくなってしまうことって、ありますよね。こりゃ、買うしかないか……と思いました。

その時はすでに夜も遅く、さて、アマゾンでポチるか、それとも明日まで待つか迷った時に、Yahoo!のサイトのことを思い出しました。あそこではネット上でマンガが読めます。

久々にYahoo!のコミックを読むページを探したところ、なんと、以前はマンガしか読めなかったため、カテゴリーも「コミック」となっていたはずが、今では「電子書籍」というカテゴリーに変わり、コミックに限らずいろいろなジャンルの書籍が読めるようになっていました。

★ Yahoo! JAPAN ブックストア

時代の進歩は早いものです。

ようやく念願の『惑星のさみだれ』が扱われているのをみつけましたが、一冊の電子書籍の値段が実際の書籍とあまり変わらないことを知ります。

10巻読むのに5,000円強。ほとんど同じ値段ならば、買ったほうがマシです。他の電子書籍のサイトをいくつか巡りましたが、どこも値段が同じでした。そんなものなのですね。

そこで、しょうがない、あきらめるか……と思っていた矢先に見つけたのが、このサイトでした。

★ 電子書店パピレス

なんと一冊のお値段が105円。これは安い。
惑星のさみだれ 1
惑星のさみだれ 1
[著]水上悟志
ネットカフェにいるのと変わらない費用でマンガを読めます。その上、支払方法がいろいろと選択できるので、クレジットカードの情報をいろいろなサイトに登録したくない、という人にとって、既存の電子マネーが利用できるので大変便利です。

それに何より、ネットカフェでマンガを読んでも作者にお金が入ることはありませんが、ここだと多分、作者におカネが入るので漫画喫茶よりも良心的です。


そんなわけで、ここに登録して『惑星のさみだれ』を購入、丸一日かけて10巻を読了しました。作者は5月に降る雨をさみだれだと勘違いしているようですが、五月雨(さみだれ)とは旧暦5月、今で言えば6月の梅雨のことを指すのを知らないんじゃないかとか、いろいろと突っ込むところは多かったものの、面白かったです。時間をかけてここにたどりつき、読んでよかったと思いました。

ついでにアフィリエイトにも登録してみました。興味のある方は、ご自分のブログにアフィリエイトを貼り付けるのものも面白いかもしれません。今サイトの右横に漫画ランキングを張り付けているのは、ここのサイトのご紹介になります。

0 件のコメント :

コメントを投稿