2014年4月9日水曜日

小保方晴子の記者会見を観た

本日、"STAP細胞論文捏造疑惑"の張本人、小保方晴子女史の記者会見がありました。まずは、彼女の勇気に拍手を送ります。

記者会見を観ましたが、やや上ずりながらも堂々とした自己主張を繰り広げました。詳細を知らなければ、思わず、
「彼女はシロだろう」
と思ってしまったほどです。

しかし、これまでの報道、彼女の何が問題だったのか、逐一追い続けた身にとっては、逆に、
「人間、こうも堂々と嘘をつくことが出来るのか」
と、感心することとなりました。

「Nature」という一流科学雑誌に載ることが、科学者にとってどれほど名誉なことなのか、文系の私ですら知っています。ミスによって画像を取り違えた、と彼女は主張しますが、それが一枚や二枚ならばともかく、10枚近く取り違える、ということは、論文を何度か見直せば、あり得ないことです。

パソコン上の写真フォルダの整理が乱雑で、彼女が取り違えた、という可能性はもちろんありますが、少なくとも、大学で博士論文を書いた時に使った写真とは、区別できるようにしているはずでしょう。時期も研究課題も、異なるのですから。

それが入り混じったのが故意でないとするならば、彼女の脳が、時間観念や記憶力という点で大きな問題を抱えているということになるでしょう。それならば、たとえSTAP細胞が本当にあったとしても……彼女の精神疾患を疑う必要があります。

もしも精神疾患だとしたならば、それは彼女のせいではありません。家族のケアを受けながら、彼女に合った仕事を今後は斡旋する必要があるでしょう。

私はこれまで、彼女が破廉恥な人間で、故意に捏造をくりかえしてきたのだと考えてきましたが、本日の凛とした態度を見ますと、彼女自身、STAP細胞を発見したのだという強い信念を持っているのは間違いないようです。

しかし、同時に彼女は、博士論文の実験結果画像として、コスモ・バイオ社HP画像をそのまま利用するような人間なのです。大胆不敵な盗用と、強い信念が同居するのは、泥棒か狂人だけでしょう。

0 件のコメント :

コメントを投稿