2014年7月1日火曜日

道路から橋のてっぺんに登るまでを撮った映像がすごい(ロシア)

いろいろな動画を観てきた私ですが、これを観ながら、足がすくんでしまいました。

ロシアの青少年といえば、恐れ知らずで有名です。高いところでパフォーマンスを見せるシーンを、写真などでご覧になった人は多いはずです。

ところがこの動画は、地面から、吊り橋上の橋のてっぺんまで、ケーブルの上をするすると、あっという間に登っていくまで、少々長いですがノーカットで記録されています。
高所に登る動画も、いくつか観てきましたが、これは本当に我々の身近にあるような構造物が舞台なので、リアルに想像できるところが、他の動画と異なるところです。

まずは記念撮影。まるで映画のようなワンシーンでして、主人公はひ弱で内気、といったところでしょうか。女の子が一人いて、チャーミングです。

目の前には吊り橋と、ケーブルが見えます。ケーブルの基礎の部分には鉄製のカバーが取り付けられています。そこまで登る、というのは、まだ分かります。でも、彼らはその上、ケーブルを伝っててっぺんまで登ってしまおうというつもりなのです。

一歩を踏み出します。

するすると登っていきます。そこにためらいはありません。

ケーブルは、しっかりしています。一本一本が太く、刻み目があるために、滑りにくそうではあります。

ときどき前がつかえます。両手と両足を使って、登っていく様子が分かりますね。

ときどき後ろを振り返るのが恐怖。いつのまにやら、こんな上まで登ってしまいました。

そして目の前には、森林が広がります。さすがロシアといったところ。見渡す限り、地平線の向こうまで森林が続いています。

てっぺん近くにきた時に、撮影者がこらえきれずに仲間を追い越し始めます。怖さのあまり、目をそむけそうになりました。

そしてようやく、てっぺんへ。ケーブルをつなぐ部分は、ちょっとした小部屋になっています。

ここは、選ばれしものだけが集える聖域です。

それにしても、ああ、怖すぎる。

0 件のコメント :

コメントを投稿