2014年2月7日金曜日

韓国人が慰安婦問題を訴えるのはカネのためじゃない

最近保守論壇で有名な、明治天皇の玄孫(やしゃご)かつ憲法学者の竹田恒泰が、韓国人がアメリカに続々と作成中の慰安婦像に対抗して「嘘つく老婆像」を作ってはどうか、とTwitter上で発言しています。

★ 竹田恒泰氏 慰安婦像設置に対抗し嘘つく老婆像制作提案
竹田氏は投稿したツイートで、「韓国が慰安婦の像を作るなら、日本は、嘘をつく老婆の像でも作ったらどうだ?」と、日本も対抗するべきだと意見。
さらに、「口をとがらせてまくしたて、片手には札束を握りしめて、ゆすりたかりをしている感じで」と、“老婆の像”の具体的な姿についても提案し、慰安婦問題に関する韓国側の主張に皮肉を交えて意見した。
彼の感覚を疑わざるを得ない発言です。冗談としてはタチが悪く、真意だとしたら頭が悪い。

まずは、私のスタンスを明確にするなら、穏健的保守派と言ったところでしょうか。

戦場に売春婦を帯同して、彼女たちに1日100人近くの売春行為を強制したことは大変非人道的なことです。しかし、朝鮮系売春婦に対する戦後補償は、日韓基本条約により韓国政府が負うべきものでしょう(アメリカによって原爆被害を受けた被爆者のために、日本政府が肩代わりで補償をしているように)。

また、売春婦には比較的貧しかった朝鮮人女性が多かったのは事実としても、朝鮮人のみを差別する意図はなく、日本人売春婦も同じくらいいたのです。同じく貧しかった東北や沖縄の女性がその中に多くいたことなどは、水木しげるの証言などがネットでも出回ってますのでご覧頂きたいところ。

よって、「売春婦全体に対する謝罪」ならば理解できるので、人類を代表して詫びることは可能でしょう。でも、韓国人が求めている「韓国人従軍慰安婦」への謝罪は必要ない、軍隊の非人道的行為の糾弾にとどめ、人種差別の土壌には乗せてはならない、というスタンスです。

朝鮮系の人々は文化的に、上下関係に大変敏感です。上の者には絶対服従、下の者はそれに逆らってはならない、というものです。

韓国にとって、日本はかつて儒教文化的に後進国だったという意識があります。国力がついた今、再び私たちを下の地位に落としたいと願う人々が、韓国に多く発生するのは、理の当然でしょう。

韓国併合は一時の悪夢であり、悪夢を克服するためには相手を屈服させねばならない。そんな彼らの道具の一つが「従軍慰安婦」であることは、私が改めて言う必要もありません。

つまり、彼らにとって日本に従軍慰安婦の件で謝罪させることは、彼らのプライドを満足させるためのもので、金のためではありません。しかし歪んだ欲望につきあう義理は日本にはありません。

ところが、彼らを批判するために「カネのためだ!」という主張は、実態とかけ離れています。韓国人のプライドを満足させることが目的なのは明白なのに、
「カネのためだろ?」
とバカにして悦にいるのは、仲間同士なら通じても、第三者の理解を得ることはできないでしょう。事実と異なるからです。

ヘイトスピーチをやる在特会などが、
「俺たちが煽ったからこの問題が多くの人に知られるようになった」
と語っていました。確かにフジテレビに韓流反対デモをしていた頃まではそれに一理ありましたが、相手を殺せという発言を許す彼らに共感することはもはや無理、彼らの行為には百害あって一利もありません。

欺瞞を追求する側は、事実を丹念に追わねばなりませんから、彼らにつけ込ませるスキを与えてはなりません。できるだけ身綺麗にすべきなのに、こんな馬鹿げた行為を煽るのは愚の骨頂と言えませんか。

竹田恒泰という人も、日本の素晴らしさをアピールするまでは価値がありました。しかし、日本を貶める行為を助長するなら、そろそろ保守論壇からご退場願う潮時でしょう。


0 件のコメント :

コメントを投稿