2013年12月17日火曜日

浜崎あゆみがアメリカ人の医学生と婚約したそうだ

誰もが知っている歌手の浜崎あゆみが、アメリカ人の医学部生と婚約したそうで、そろって黒づくめの衣装で成田空港に到着した。

医学部生はどうでもいいんだけど、浜崎あゆみにはなんというか、落ち目の芸能人の悲哀のようなものを感じるな。

今ではCDは売れて2万枚だという。かつてミリオンセラーを連発していた頃とは随分異なる。恋愛ネタでしか噂にならないのは、彼女にとっては屈辱ではないだろうか。

無論、ファンにとっては変わらず、あゆはあゆ、なのだろう。私の好きな松田聖子もCDの売上は随分落ちているが、CD販売不振は彼女自身の価値下落と直結しない。それは分かっている。

それにしてもだ。サングラスをする理由は、普通、顔バレしたくないとか日差しが暑いとかのはず、今回の場合はどちらも不要だろう。カメラのフラッシュが眩しいから、というのが一番ありそうな理由だが、今回の写真撮影は事務所側からメディアに情報提供があったと見るべきだから、浜崎も芸能人らしく写真を撮らせてやればいいのに、と思う。

それをしないのは、サングラスをつけて空港を黒っぽい服で歩くこと自体が、浜崎あゆみにとってのスタイルとなっているからではないか。そこに陳腐さを感じる。この景色は何度目だろう? とデジャ・ブに目眩がしそうだ。

彼女も大変だ。いろいろな男性と浮名を流してはいるものの、どれもしっくり来ずに別れる。それなりのステイタスの男性をゲットしなくてはいけない、という焦りがあるのだろうけれども「アメリカ人医学部生」というのも手垢がついた物件で、イマイチ感が拭えない。

長瀬智也とつきあっている時が一番良かったと、私も思ったし、まとめサイトを見ていると世間もそう考えているらしい。長瀬と別れたのは浜崎のワガママのせいだという。彼女の普段の言動から想像するに、
「私のような素晴らしい女性とつきあえているのだから、ありがたいと思いなさい」
とでもいうような態度で接していたんじゃなかろうか。

もちろん、彼女クラスの芸能人なのだから、そりゃ、最大限のワガママは許されるだろうと思う。世間ではね。

でも、それは相対評価であって、男女間は絶対評価だ。社会的地位だとか世間的評価だとかは、長いつきあいになるとほとんど無関係だろう。

たとえば許容度が1から10まである人にとって、浜崎あゆみとつきあえるならば物差しの目盛りが100まで上がるのか、と言えばそんなことはない。今までつきあった中で最高の美人が10ならば、浜崎あゆみもまた、10なのだ。ここ、男女ともに勘違いする人が多いところなので、注意が必要だろう。

人間、ウチとソトとは態度が異なる。ソトでは多少なりとも仮面をかぶり、立場をわきまえて行動するもの。ウチでは仮面を脱ぎ捨て、素の自分で行動したいと願うもの。それなのに、ソトの世間的な相対評価を基準に、ウチでワガママを言われたら、さすがの長瀬でも嫌気がさすだろう。

浜崎は自分レベルの人間なら思う通りにふるまえる、と思っているのかもしれない。たしかにその価値はある。世間的に羽。でも、恋愛は絶対評価なんだよ。男にとっては目の前の女が気にいるかどうかが問題であって、彼女が社会的にどういう立場なのかを考えることはない。

立場によって演技するのはソトの世界。ウチは仮面を脱ぎ捨てる場所だよ。そこでも自分の思う通りにならないと気が済まない人間は、まあ、世の中には多いよな。

そもそも女性はワガママなものだ。それでも普通は、経済的な問題だとか社会的な立場だとかで足かせがついて、ワガママを完遂できないものだけれども、これくらいお金があって自由に生きることができる女性になると、制限がない。男性タレントと異なり女性タレントの浮気は致命傷になるから、既婚者にとっては「離婚」という形でしか別の男性へ乗り換えられないのは、可哀想だと思う。だが、それが彼女の選んだ道だ。

こんな感じだと、たぶん、子供が出来たら浜崎は別れることになるんじゃないか。

……と、浜崎のことを実際には何も知らないのに書いてみた。多分いろいろと間違えているのだろうが、取り敢えずおめでとうございます。

0 件のコメント :

コメントを投稿