2013年11月12日火曜日

キムタク主演「普通の恋愛ドラマ」について妄想

木村拓哉主演の普通の恋愛ドラマが観たい、という書き込みが話題になっていた。

★ 木村拓哉の普通の恋愛ドラマが見たい
もうロボットとか倍返しとかじぇじぇじぇとか無しで普通の恋愛ドラマ見たい。
木村拓哉で。
歳とったキムタクの恋愛ドラマが見たいんだよ。
この需要って絶対あるんだよな。
ちょっと前にヤマピがやったやつあるでしょって?
あれはなんか若すぎなの。
30代半ばには受け入れられない。
甘酸っぱすぎ。
無理。
もっと現実的な普通な恋愛模様が見たい。
頼む誰か作って。
だそうなんだけど、じゃあ、どんなドラマがいいのだろうか?
受けそうなストーリーを考えてみた。
仲の良かった最後の独身の友人が結婚、その二次会で結婚した仲間たちの、子供の話を聞きながら、話を合わせて歓談するんだけど、その後猛烈に孤独を感じた30代半ばの女性。

帰り道、駅前のバス停ベンチで思わず涙ぐんだ彼女は、
「大丈夫ですか?」
キムタク演じる彼女よりも年下の、ごく平凡なサラリーマン風の男から話しかけられる。

彼から、
「悩みを打ち明ければ楽になれるよ」
と言われて孤独を打ち明けたところ、彼からも、リストラされたばかりであること、
年下の彼女がいたが、即座に振られてしまったことなどを、と打ち明けられる。

キムタクは「俺の好みは年下の女性」と思わず失言して謝るが、それに対して、
女は「私だって、私よりも収入が上で安定した仕事に就いてない男には魅力を感じないよ」
と返して、お互いに笑い合う。

話し合った末、
女はよき伴侶が得られるまで、
男は新しい転職先が見つかるまで、
お互いに協力しあおう、という同盟を結ぶ。

広告代理店勤務の女は、男に、営業を欲しがっている知人たちを何人も紹介するが、ぞんざいな態度で使い物にならないことが判明、呆れられる。
男は、女を知人数人に紹介するが、初対面の愛想があまりによくないため、誰からも相手にされず、呆れられる。

お互いに険悪な雰囲気になったものの、仲直りをしたのち、女は病気で倒れた男の家に食材を届けるために立ち寄ったところ、数々の美しい絵を見つけた。
男は昔美大で将来を嘱望されていたが、態度が悪くて周りと対立、二科展などの重鎮とも喧嘩して、画壇から自分で離れてIT業界に進んだという過去があった。

IT業界では、創業者の友人が有能な技術を持っていたのと、たまたま波に乗っていたから、
俺様営業でも通用して、これまでやってこれた。

女は絵画の才能を活かすべきだと提案してイラストの仕事を回し、渋る男だったがカネがないので、顔出ししないことを条件に10数年ぶりに絵筆をとる。

これが評判となり、次々に仕事が舞い込むようになる。
女には、最後に紹介した男の友人が興味を示し、交際が始まる。

ところが男の正体がばれ、画壇の重鎮が男の妨害に入る。
また、男の昔の彼女がヨリを戻そうと現れる。

この騒動の仲、男は女の年齢とは関係ない内面の可愛さに気づき、
女はカネに無頓着だが包容力のある男の優しさに惚れ、
急速に惹かれ合っていく……

なんて、どうでしょ?
女性が広告代理店勤務、というところからして、少々設定が古いかもなぁ?

0 件のコメント :

コメントを投稿