2013年11月17日日曜日

結婚生活がうまくいくかどうかは女次第

結婚生活の良し悪しは何で決まるのか?

これから結婚を考えている人――私も含めて――にとっては一番の関心事だろ思う。アメリカの大学の研究によれば、結婚に重要な影響を与えるものは、妻がすぐに冷静になれるかどうかだという。

★ 妻の心の落ち着き、幸せな結婚をもたらす 米研究
「怒りや軽蔑といった感情は、カップルを脅かすものに思われるかもしれないが、われわれの研究では、特に妻が自分自身を落ち着かせることができれば、結婚が長続きすることが示唆されている」
私が相手に求めるものの一番大きい条件として、
「自分が悪いことがあったら、すぐに反省してくれる人」
というものがある。この条件が、研究結果に照らしあわせても間違いのない基準だったようで安心している。

……もっとも、自分がこういう条件を掲げる以上、相手側の条件も満たすよう、努力をしなくてはならないでしょうが。それは当たり前のことだ。

いずれにしても、女性というのは男性よりも感情的になる人が割合的に多い(もちろん全てではない。少数派だが、理知的な女性がいることも、私は経験上知っている)。感情をある程度自制できる女性はそれだけでありがたい存在であり、そのような女性を伴侶をすることが出来れば結婚生活もある程度成功が約束されたものと言えるかもしれない。

そういえば、妻のことを「家内」などと呼ぶ。

今は共働きの家が多くなったとはいえ、男と女の関心の方向は異なる。男が趣味に没頭するのと同じように、女は家に興味、関心が湧く。だから、家の性格が妻によって決まる、という説は男女の相違からしても的を射ているといえるだろう。

この研究結果を踏まえて言えば、いい家庭を選ぼうと思うのならば、客観的になれる女性を探すべきだと言えそうだ。客観的になれる女性は興奮しても、すぐに理性的に原因を探ろうとする。そうすると、案外理系の女性などがいいのかもしれない。

0 件のコメント :

コメントを投稿