2013年9月9日月曜日

東京オリンピック開催決定

昨日未明に、東京オリンピックの開催が決まった。猪瀬直樹都知事のイスラム揶揄発言や、放射能に関する一連の発言などの、すったもんだがあったものの、大差で日本開催が決まったことはおめでたいことだと思う。

ただ、東京オリンピック開催のために福島の除染作業などの復興問題がなおざりにされるのではないか、という危惧、すでに成熟した日本経済にオリンピック開催がほとんど影響を与えないのではないか、という懸念を多くの人が持っている。

それが分かっているからか、最近の世論調査などを見ても、オリンピックの日本開催を期待していないと答えた人が全体の4分の1いた。私も「東北復興支援など、他にやることがあるのではないか」と思っていた一人だ。

実際のところ、オリンピックが国の経済にどれほど寄与するか疑わしい。最近夏冬のオリンピックを開催したギリシャ、イタリアは軒並み経済が悪化しているし、5年前にオリンピックを開催した中国も、不動産価格が下落、経済成長に陰りを見せているのも、ご存知のとおりだ。

だが、結局のところ、変化を利用できるかどうかは、その国次第である。

あと2日で東日本大震災からちょうど2年半経つ。東北の復興や、特に福島の原発処理は思うように進んでいない。せっかくの大きなイベントだ。これをオリンピック開催をカンフル剤として利用しない手はない、と一夜明けて考えるようになった。

オリンピックほどの大きな国家的なイベントはそうそうない。淀んだ空気は風を通すことで入れ替わる。日本人は災害が多かったせいか、変化を利用して変革させることに長けている。せっかくの機会をどう活かすかだけを、今は考えればいい。

あと7年、短いようで長い。これからかなりの期間、大きなうねりが日本を覆うのだろう。それを考えると、次第にワクワクとしてくる。

0 件のコメント :

コメントを投稿