2013年8月24日土曜日

FXをするのはお勧めしないからバイナリーオプションをやってみた 中

(昨日の続き)

私の友人が儲けていることを疑っている訳ではない。彼はその手の嘘をつく男ではない。でも、私自身が儲けられるとも思わない。

それは、以前FXで数十万円溶かしてしまった苦い記憶があるからでは、断じて無い(汗)。儲ける儲けないとかいう以前に、いろいろなデメリットがあるからにほかならない。

まず、FX取引にハマると、やたらと時間を食われる。

FXは土日以外の24時間、取引ができる。会社員ならば、帰宅してから翌日出社するまでの間に取引に参加できることが嬉しい。

目の前で、刻一刻とチャートが推移していく。上がるかな? いや、上がらないかな? と考えるのが楽しい。気分は株式仲買人だ。

パソコンのチャートをにらみ、ニュースを分析し、世界の雇用統計や人々の心理に影響を与えそうな世界のニュースを睨みながら、短期スパンや長期スパンの値動きを予想するだけで、時間は矢のように進む。

値付けをして、思っていた値段になるまで、数十分、ときには数日、待たねばならない。その間、通貨の値動きが常に気になって仕方がない。時には夜中に跳ね起きて、値段を確認する。そのうちに睡眠時間が極端に少なくなることは間違いない。

……これは時間のムダだ。

デメリットはまだある。FXでは、急激な通貨の乱高下で、資金が一瞬でショートし、ときには借金を背負う危険性までもある。

通貨はあるとき、突然異常な値動きをする。それは突然やってくる。

明日は会議だ、会議資料を作らねば……そんな時に限って、異常な値動きをする。それまでコツコツと溜め込んでいた利益が、たった数十分で吹っ飛ぶことがある。そうなると、もはや仕事どころではない。

だが、こんな異常な値動きは、逆に言えば大儲けのチャンスだ。今目の前で失った数十万円、数百万円、ときには数千万円を取り返し、うまくいけば何倍にも増やすことだって可能となる。もう寝てなんていられない。

……こういうことを続けて、結局健康も貯金も損ねてしまうことになる。

だが、それにも増してFXを進めない理由は、こういう類のものは、だいたい先行者に利益があるものだが、FXが始まってすでに10年以上、もはや素人が勝てるような先行者利益は失われてしまったのではないか、と思えてならないからだ。



FXで8億円儲けた池邉氏がFXを始めたのは2000年のことだという。FX取引が始まったのは1998年だから、ほんの黎明期だ。まだ、儲かるかどうか分からない頃に始めたわけだ。

投資にはいろいろなジャンルがあるが、そのジャンルが大きく変革をするとき、その黎明期に参画した素人たちが大儲けをする、ということが、何故かよくある。

株式のオンライン取引の世界でも似たようなことが起こった。1999年10月に株式委託手数料が完全自由化となった影響で、証券会社はコスト削減のために株式のオンライン取引を次々に導入する。

その時にいち早く株式のインターネット取引を始めた素人の人々が、大勢、莫大な利益を上げた。有名ドコロでは、バイトで貯めた164万円を、2000年から2008年までの間に218億円まで増やした伝説のトレーダー・小手川隆氏(通称はジェイコム男、またはB・N・F)や、104万円を100億円にまで増やした森貴義氏(通称・cis(しす))などがいる。

だが、それ以外にも、ごくごく普通の学生やフリーターがオンライン取引を始め、素人に毛が生えたような人々が、数年で大成功を収めている。

何故このようなことが起こり得るのか?

あるブームの初期の頃は、プロの参加者が少ないことが要因の一つ。儲ける手法が確立されていない、試行錯誤の世界をプロは嫌う。そんなムダに時間を費やすよりも、研究すれば成果の上がるジャンルで勝負したほうが、頭のいい人間にとっては楽だからだ。

試行錯誤しながら儲ける手法を確立できるのは、時間のある主婦や学生、フリーターであり、だからこそ彼ら素人に勝てるチャンスが生まれる。

(明日に続きます)

0 件のコメント :

コメントを投稿