2013年7月5日金曜日

亜鉛はマジで男性機能を高める/脳に効くのはハイヤーマインド

今から15年くらい前だったと思う。亜鉛のサプリとビール酵母を組み合わせると男性機能が高まる、という記事を雑誌で読んだ(確かSPAだと思うが確証はない)。

当時の私は、そういう行為に及ぼうとした時、なかなかあれが立たない、立っても途中で立たなくなってしまうことに悩んでいた。

理由はいろいろあるだろうが、その頃はその手の行為に不慣れだったことや、極端に睡眠時間が短かった(夜2時まで起きて本を読んだりしていた)こと、自転車を多用していて男性機能の低下を引き起こしていたことなどが原因だったのだろうと思う。

ところがその頃は何が大きな原因なのか皆目分からず、たぶん心因性のものだろうと検討をつけたものの、精神的な弱さをどう解消すればいいのか分からない。そのためにわざわざ滝に打たれるのもバカバカしい。それはあまりにも恥ずかしい。

「拙僧は衆生救済の悲願を立て、日々修行の毎日でござる。して、貴殿は?」
「アソコが元気になるために!」

……ヤダヤダ。

解決法を私は外部に求めた。まずは薬局でリゲインやオロナミンCなどを買ったが、ま、そこそこ。バイアグラを個人輸入ショップで購入したこともあった。これは効いたが、心臓への負担が強くてやめた。勃起するものの、動悸が激しく頭痛がするのだった。

その中でたどり着いたのが、亜鉛のサプリの存在だった。これは即効性はないものの、持続的に服用すれば間違いなく効果がある。それに副作用を感じない。ちなみに私が利用しているのがこれ。

亜鉛の含有量が多く、なにしろ発売元が天下のアサヒ食品。アサヒスーパードライを発売しているあのアサヒの子会社だから、信用できる。何が入っているのか分からない健康食品は信用出来るところから買いたいもの。その点ここなら、下手な成分が含まれていたために後日健康障害を引き起こした、なんてことはブランドに傷が付くので、まあ、あるまい。そこは注意しているだろう。

このサプリのお陰で私は、この手の悩みからは解放されることになった。それに、亜鉛不足は注意力や記憶の低下を引き起こすので、その他の諸問題の解決にもつながる。そこでここ数年、毎日一粒、飲むようにしている。

もっともそこまでマジメに服用している訳でもなく、止めたり続けたりという断続的な摂取ではあるけれども(料理と同じだ。何も毎日、栄養価のあるものを取らなくても良かろう)、何年も続けていれば偽薬(ブラセボ)効果なのか、それとも本当に効果があるのか分かるもの。

本来ならば、当時の雑誌に乗っていたビール酵母も勧めたいところだが、あれは摂取がなかなか大変だった。なにしろ15粒ほどを一度に飲み込まなくてはならず、面倒くさい。結果、続けるまでには至らない。

この手のことは、なるべく簡単に続けられることが肝要だろう。その点亜鉛は一日一粒なので楽なのだ。

ちなみにもう1つ、ここ数ヶ月、毎日服用しているサプリがある。これも結構気に入っている。

頭脳によく効くサプリメントだという。その手のサプリはいろいろあるけれども、海外の比較サイトなども読みながら、もっとも副作用がなさそうなものを選んだ。

仕事が終わると疲れて、それ以外のことに頭がまわらない経験をお持ちの社会人は多いだろう。集中力には個人差がある。頭脳のそもそもの出来がタフな人間は上へ上がり、出来が並の人間は並のところをうだうだすることになる。

それを補助するのがこのサプリといったところか。飲むと集中力が高まり、他のことにあまり気を取られなくなる。記憶力、想起力が高まるようになった。このような効果を段々と実感している。

もっとも、亜鉛の過剰摂取は身体に良くない。

★ 亜鉛の過剰摂取による副作用はこんな症状が出ます
多少、多めに摂っていたとしても亜鉛はミネラルの中では毒性が低いため副作用がすぐに出てくる心配もほぼ無いと言えます。ごく稀なケースですが、一度に大量に摂取すると急性中毒を起こすことがあります。過剰摂取から副作用を起こす心配のない亜鉛の一日あたりの上限とされる摂取量は男女とも「30mg」と定められています。(中略)日本人は1日平均8mgの亜鉛を食事で摂っているそうなのでサプリメント等で補う場合には過剰摂取とならないよう計算して摂取することが大切です。
ハイヤーマインド4粒の亜鉛含有量が10mgで、アサヒの亜鉛が14mgなので、注意が必要。私はハイヤーマインドが割高なので、一日1粒しか服用していない(それでも充分効果がある)けれども、4粒服用しようと思う方は、アサヒのディアナチュラ亜鉛は服用しなくてもいいのではないだろうか。

ただ、この手のものは合う人、合わない人がいる。服用してみて合わなければ、止めたほうがいい。そこは自己責任で。

0 件のコメント :

コメントを投稿