2013年4月27日土曜日

最近気になった記事 4/27

最近気になった記事のご紹介です。

★ 世界唯一の「猫劇場」がモスクワで再開
ネコが好きな人にとっては嬉しいお知らせ。モスクワにはネコ劇場があり、ネコの芸を楽しむことができるのだそうです。ネコはイヌと異なり、芸はしないと思っていましたが、かなりの芸達者ですね。


★ これまでの常識覆す片頭痛の本当の原因を発見!!
神経線維の感度が上がることが、偏頭痛の本当の原因なのだとか。神経自体をどうにかしなくちゃならないということですが、では、どうすればいいのかは書いていません。それが知りたいのに!

★ 救急車運転手が心臓発作、搬送中の末期がん患者が運転交代し命救う
冗談のような本当の話です。末期がんの男性は、これをきっかけに病気が全快したら、嬉しいのですが……映画だったら、そんな流れになりますよね。

★ 東銀座に地下広場出現 現役最古の地下街は閉鎖
現役最古の地下街とは、先日記事に書いた、銀座シネパトスのある三原橋地下街のこと。古きはさりて、新しいものが生まれ、そして歴史は移り変わっていきます。

★ 無重力状態で浮遊するような椅子「Gravity balans」
この椅子が欲しい! 33万円のお金を、椅子に払うことができる余裕ができたら、急ぎ買いたい商品の一つです。

★ 夫婦仲がうまくいかないのは言葉足らずが原因
 美味しい、ありがとう。いろいろ言うと思うんですけどね、これ、ご夫婦で一番よくあることなんですけど、もっと具体的に言わないと、実は相手はわからないんですよ。何が嬉しいのか、何がありがたいなと思ったのか。
 子供たちにも同じことが言えて、“こういうことをしたら、こういうことをしてはいけない”とか、子供たちは概念がないんですね。だから色々なことを探求しまくっているわけですよ。例えば、「できたね」「良かったね」「すごい! いぇい!」なんて言われてもですね、子供たちは、自分の何が認められているのかがわかりません。
 実は大人も同じですよね。
よく分かります。人間は、自分を基準に、「自分だったら高いってもらえれば理解できるから、相手だってそうだ」と考えてしまいますが、そうではありません。気をつけねば。

★ 最も危険な検索エンジン? 「Shodan」
 ニューヨーク(CNNMoney) 「グーグル検索で見つからないものは誰にも見つけられないと思われがちだが、それは真実ではない」――。インターネットの「闇グーグル」とも呼べる検索エンジン「Shodan」を開発したジョン・マザリー氏はそう話す。
ウェブサイトを巡回して情報を収集するグーグルに対し、Shodanはサーバー、ウェブカメラ、プリンター、ルーターなど、インターネットに接続された機器5億台あまりを巡回して情報を収集する。
 ごく単純な検索でも、Shodanに表示される結果には息をのむ。インターネットに接続された無数の信号機、防犯カメラ、ホームオートメーション機器などが簡単に見つかるほか、親水公園やガソリンスタンド、ホテルのワインクーラー、火葬場などの制御システムも検索できる。
いろいろなことを考える人間がいるものです。情報を制するものは、人を制す。

0 件のコメント :

コメントを投稿