2013年4月13日土曜日

2012年ベストセラーになった実用書トップ10(10~6)

30代になってから、小説やコミックよりも、実用書を読む割合が多くなって来ました。
10代、20代の頃には知らないことが当たり前でしたが、30代になると、解決できることが当たり前となってきます。もう、先輩に聞けば全てを教えてくれる年でもありません。

頼りになる先輩との出会いがなかった人々にとって、代わりになるのが実用書の知識。よく売れるために、書店では売り場面積に占める割合が年々多くなってきているのだとか。

最近ネットで情報収集をことたれリとすることが多いのですが、優れた情報は書籍として売られることが多いもの。ふと気になって、2012年にベストセラーになった本のランキングを確認したところ、書店に昨年はあまり行かなかったためか、初めて見かけるものばかりでした(泣)。

紀伊国屋のベストセラーランキングの中から、実用書のみをピックアップし、同じ著者のものをひとまとめにして1冊と数えて並べ直したトップ10を皆様にご紹介しようと思います。

それぞれの内容や評判を、さらにネットで確かめたりするのが面倒な皆様の、琴線に触れるものがあればよいのですが……。

とりあえず、本日は10位から6位までをご紹介しましょう。



10位『采配』
(著者:落合博満/出版社:ダイヤモンド社)
采配    
2011年、中日監督を辞任した名将・落合博満の著書がベストセラー入りしています。
落合氏は そんなことあり得ないと普通の日本人が一笑に付すような極論を真剣に考えるところがある。極論にこだわることこそ、「想定外」を生まないリスク・マネジメントの基本的手法だが、一般の日本人には嫌われる発想である。本書では日本シリーズの優勝条件について、監督会議で持ち出したが、可能性としての極端な状況を展開してみせて、案の定、日本や旧機構のスタッフに相手にされなかった一件を書いている。このあたりが論理的には正しいにもかかわらず、異端とも見られがちな落合氏の面目躍如たる由縁なのだろう。(落合博満の“采配”を読んで―私のサラリーマン人生を省みつつ」より)
“情”を免罪符に不合理を許す他監督と異なり、徹底的に目的を追求する落合監督のスタイルは、賛否両論あります。私も彼のスタイルの良さが今ひとつわかりませんでした。でも、彼が体罰について問われた時に、体罰を即座に否定してみせたのを知って、彼を尊敬するようになりました。


9位『美木良介のロングブレスダイエット必やせ最強ブレスプログラム』
(著者:美木良介/出版社:徳間書店)
DVDで完璧にわかる! 美木良介のロングブレスダイエット 必やせ最強ブレスプログラム   
ダイエット本、根強い人気ですね。彼の本は、他に
『美木良介のロングブレスダイエット―1週間即効ブレスプログラム』『美木良介のロングブレスダイエット―1週間即効ブレスプログラム』などの2冊がベストセラー入りしていました。

動画を見ますと、著者のキャラが松岡修造に被りますね。

この力強いメッセージが、ダイエットにめげがちな意思弱気人々の琴線に触れるのでしょうか。


8位『50歳を超えても30代に見える生き方―「人生100年計画」の行程表』
(著者:南雲吉則/出版社:講談社)
50歳を超えても30代に見える生き方 「人生100年計画」の行程表 (講談社プラスアルファ新書)   
これ、タイトルが良かったのでしょう。私の友人にこの本を紹介したところ、
「56歳には見えないけれども、30代は言い過ぎ。今は若く見える人が多いので、せいぜい40代くらいかな」
と言っていました。表紙の写真はフォトショットを使用しているのでしょうが、中身に載っている著者近影を見ると、「うーん、30代ではないな」というところでしょうか。

それでも若々しいのは確かです。

南雲氏の著書は、ほかに、『「空腹」が人を健康にする―「一日一食」で20歳若返る!』(出版社:サンマ-ク出版)もベストセラーになっています。


7位『樫木裕実カ-ヴィ-ダンスで楽やせ!』
 (著者:樫木裕実/出版社:学研パブリッシング)
DVD付き 樫木裕実カーヴィーダンスで楽やせ!  (ヒットムックダイエットカロリーシリーズ)   
以前「ビリーズブートキャンプ」というダイエット法が大ブームとなりましたが、カーヴィーダンスが今、来ているようです。
同じ作者の『樫木式カ-ヴィ-ダンスで即やせる!』もベストセラーに入っているので、著者は大忙しでしょう。49歳の年齢にはとても見えないボディライン、羨ましいですね。
今までは『ヨガ』『ピラティス』をやっていましたが 簡単ながらも仕事から帰って来てからだとかなり辛くて、どっちも止めてしまいました。そこでカーヴィーダンスに挑戦!楽やせから今日、即やせに切り替えましたが めっちゃ汗だく(・ω・;A)フキフキ まだまだ成果は出ていませんが、楽しいので絶対に続けてやって行けます。(@niftyダイエットより)
写真はフォトショップを使用しているでしょうから信用はできないとしても、動画を見る限り、本当にスタイルがよいのでしょうね。
この年令でこの胸の谷間は販促……じゃなかった、反則です!

6位『人生がときめく片づけの魔法』
(著者:近藤麻理恵/出版社:サンマーク出版)
人生がときめく片づけの魔法    
このタイトルを読んだ時は、カレン・キングストンの『ガラクタ捨てれば自分が見える―風水整理術入門』 (小学館文庫)の二番煎じだろうなと思いました。思えばキングストンの本を買ったお陰で、私の今の部屋は整理されたようなものです。

ところが『人生がときめく片づけの魔法』は、ただのパクリ本ではないようです。
最初は、「断捨離ブームに乗っかったありがちな本かなあ」と思ってあまり期待していなかったのですが、中を読んだら、もうものすごい本でした。
子どもの頃から片付け研究をしていただけあって、普通の人が陥りがちな片付けの罠はすでに研究済み。
おかたづけコンサルタントのお仕事の中でさらにそれに磨きをかけ、普通の人ができる片付けの極意を編み出しています。(Amazonカスタマーレビューより
片付けが下手な人は、この本を読むと少しはマシになるかもしれません。

さて、続きは明日です。

0 件のコメント :

コメントを投稿