2013年1月16日水曜日

意欲と人間関係

20代後半、やる気や集中力が続かず悩んだ時期がありました。

何をしても続かず、モチベーションが沸きません。それが今では、これをやりたい、あれもやりたいという意欲がいつも湧いています。

あの頃と今との違いは何なのだろう? たまに考えることがあります。

たった一つの原因ではないでしょうが、一つをあえて選ぶとしたら、当時の人間関係が大きな影響を与えていたのかもしれません。

その頃の大きな変化といえば、仕事が忙しくなり職場以外の人々との人間関係が薄くなったことでしょう。友達も同様で、それにさらに結婚ラッシュが重なりました。学生時代に比べて、話す相手が激減しました。その頃、もともとあまりないやる気が、さらに格段に衰えた気がします。

誰かとつながっている、という自信。相手から大切にされているという安心感。相手への信頼。こういったものがある人間は、やはり強いですし、その中から意欲も湧き出ることが多いのです。

つまるところ、人間の意欲は充実した人間関係から生まれるのでしょう。

そもそも、私の人間関係は充実したものだったのか。そうでもなさそうです。

たとえば、私が以前一番よく遊んでいた友人がいました。彼はいい人間なのですが、相手に踏み込むことをしない、典型的な傍観者タイプ。

私が交通事故にあって一週間入院していた時に、彼を心配させまいと思って、
「交通事故にあって、◯◯病院に入院してしまったんだが、一週間したら出てくるよ。大した事故でもないし、見舞いはいらないよ」
と強がりました。
すると、彼は一度たりとも見舞いに来ず、見舞いに行きたいとも言わず。

私だったら、親友にそう言われても、
「バカ言うなよ。見舞いに行くよ」
と言います。

そこに気づいて後、彼とは距離を置き、今では数年に一度の挨拶程度となりました。一抹の寂しさを感じますが、そのお陰で他の友人とのつきあいが増えました。

やる気が出ない場合、人間関係を一度見なおしてみるといいかかもしれません。

でも、それだけじゃあないんですけどね。いずれ改めて、このことについて論じてみたいと思います。

ところで、ヤル気がでない時は思い切ってパーっと発散するといいかもしれません。これは蛇足な話になりますが、「サイコパス」という作品のリアルゲームが、今度東京都の豊島園で体感できるようです。

★ TVアニメ「サイコパス」、リアル体感型の捜査ゲームを2月に開催!
 「としまえんに侵入した潜在犯を捜し出せ」
今回は、参加者が執行官となり遊園地に侵入した潜在犯を捜し出すことに。そのため、イベント名は、『体感型捜査ゲーム「PSYCHO-PASS サイコパス」~としまえんに侵入した潜在犯を捜し出せ~』。イベントのPVも公開されており、最後には暗号文らしき犯行声明もある。
面白そうです。
◆イベント概要
時期:2013年2月9日(土)、10日(日)、11日(月・祝)、16日(土)、17日(日)
場所:としまえん(練馬区向山3-25-1)
所要時間 :約2時間
チケット料金:前売り3,000円(税込)/当日3,500円(税込)
一般販売 :1月11日(金)12:00~
急ぐべし。

0 件のコメント :

コメントを投稿