2012年12月17日月曜日

自民党の圧勝

事前に予想されていましたが、自民党が圧勝しました。
選挙結果をご覧になりたい方は、以下のサイトが便利です。

★ 選挙速報 NHK 2012衆議院選挙

それにしても、自民党が前回の118議席から300近い議席を獲得して圧勝したのに比べて、民主党は前回の230議席から60議席ほどへ減少してしまい、惨敗しました。ここまでの惨敗を、解散前の野田総理は予想だにしなかったことでしょう。

正直、私にとってもこの結果は予想外でした。前回の小泉旋風が巻き起こした郵政解散のときですら、民主党の議席数は、177議席から113議席へと、4割減に過ぎなかったのに、今回は7割減です。野田総理の解散間際の潔い態度などに好感を持った人々も多かったでしょうから、同情票も集まるだろうし、あまりに極端な議席の変動はないのではないか、と踏んでいたからです。選挙前の報道、マスコミが予想した通りでしたので、正直悔しいですね。

憲法改正に積極的な、自民党と日本維新の会だけで、衆議院の3分の2以上の議席数を獲得しました。参議院選挙が、来年控えています。前々回の2007年の参議院選挙時の総理大臣は、安倍氏でした。当時は松岡農林水産大臣の自殺などが重なって、自民党は大敗しましたが、今の勢いがそのまま続けば、来年、大幅に議席数を伸ばすことでしょう。

まさか、私が生きている間に日本が憲法を改正する可能性が出てくるとは思ってもいませんでした。長生きはしてみるものです。

また、猪瀬直樹氏が都知事選に初当選しました。彼のことは『偽りのノンフィクション作家 猪瀬直樹の肖像』という作品を読んで以来、あまりいいイメージを持っていません。近日中に、この本の内容について簡単にご紹介しようと思います。



0 件のコメント :

コメントを投稿