2012年11月7日水曜日

秘密結社 10選

世界にはたくさんの秘密結社があります。
秘密結社とは、結社の存在そのものが構成員により秘匿される、又は、結社の存在は公になっていても、その構成員であることが、組織や構成員自身の許諾によらないで、第三者等により公開されることが禁じられている組織、あるいは、結社の活動目的や活動内容を構成員以外の第三者等に公開することが禁じられている組織で、政府など公の機関でないものをいう。 -秘密結社 『ウィキペディア』-
「秘密結社」という言葉だけきくと、やたらとおどろおどろしく、自分たちの生活とはかけ離れた存在のように思えます。

しかし、上記の定義に沿うならば、信者であることを周囲に隠している宗教団体なども、一種の秘密結社といえますから、それほど珍しいものでもありませんね。

世界には数多くの有名なものがありますので、ここでは、その中から10の秘密結社をご紹介しましょう。

1. スカル・アンド・ボーンズ
エール大学の中にある秘密結社で、ブッシュ大統領(親子ともに)がこのメンバーだったことは有名です。
大学の中の秘密サークルの枠を越えて、政財界に大きな影響力を持っているそうです。
アパッチ族の酋長・ジェロニモの頭骨を墓を暴いて持ち去り、金庫の中に保管しているらしく、ジェロニモの子孫から提訴されています。


2. フリーメーソン
日本では鳩山由紀夫元総理大臣が会員だったことで一時期有名になりました。
「友愛」を旗印に、会員互助を目的とする秘密結社であり、16世紀から連綿と続いている恐ろしく息の長い秘密結社です。

日本では東京タワーの近くに日本本部ビルがあり、私も何度か見学に行ったことがありましたが、部外者には決して入れないようになっています。

内部ではどのようなことが話し合われているのか、外部に漏れることはほとんどありません。
その秘密をばらしたものは、人知れず殺されるとか……。


3. 薔薇十字団

薔薇十字団は、クリスチャン・ローゼンクロイツが創設した伝説上の秘密結社です。

ハプスブルク王朝の圧政に苦しむ人々が、イギリス王家に救いを求め、それが、錬金術や魔術などを使って人々を救う謎の団体の創造につながったのだそうです。


4. 東方聖堂騎士団
フリーメーソンを模倣して、19世紀末に作られた団体のようです。
アレイスター・クロウリーという、近代西洋魔術の創始者と言われる神秘主義者の指導のもとに作られた団体は、階級制によって会員は区分され、互助精神にのっとって社会貢献を行なっているのだそうです。

5. 黄金の夜明け団
カバラの教えを中心とした一種の魔法学校となっているようです。
この団体にもアレイスター・クロウリーが関わっています。


6. テンプル騎士団
第一回十字軍の遠征の後に創設された修道士による騎士団です。
聖地巡礼をする西洋人を護衛するために作られたこの騎士団は、数ある騎士団の中でも大変有名です。
何しろ彼らの誓いは、
「決して降伏しないこと」
そのために戦闘が非常に強く、中世最強の騎士団として後々の伝説につながりました。
この点、日本の新選組と似ていますね。

7. イルミナティ
時々日本でも、「世界を支配するイルミナティの秘密!」などとおどろおどろしいキャッチフレーズの本が書店に並ぶことがあります。

ドイツ南部にあったバイエルン王国で1776年に作られた団体で、キリスト教を否定し、啓蒙主義に沿った原始共産制を唱えていたといいます。

このために、アンチ・キリストの源流として大変嫌われ、アンチ・キリスト=ユダヤの陰謀の親玉とみなされ、今でも世界を操る機関が存在すると主張する人々に、その存在を信じられているのです。


8. ビルダーバーグ会議
1954年に創立されたこの会合は、1970年代までその存在を知られていませんでしたが、実際に存在する、本当のヨーロッパの支配者たちの集会です。

欧米の王室関係者、欧州貴族、政治家、官僚の代表者130人が集まり、いろいろな国際問題について議論を重ねます。

ところが、これが完全に非公開にされているため、いろいろな憶測を呼ぶことになります。
非欧米諸国からの参加者はほとんどおらず、日本の参加は拒否されたそうですから、かなりクローズドな組織なのでしょう。
さて、どんなことが話し合われているのやら。


9. シオン修道会 
フランスに実在した団体で、1956年に創立の届出が出されたものの、どのような活動をされているのか知られないまま、1993年に解散した謎の団体です。

ところが、事実はそんなものではなく、11世紀から連綿と続く秘密結社の総本山のような存在であり、ニュートンやダ・ヴィンチなどが会員だったのだとか。

『ダ・ヴィンチ・コード』で有名になった秘密結社です。


10. オプス・デイ
離婚をしていないカトリック信者によって構成されたカトリック協会の内部組織で、日本には250人の会員がいるそうです。

日常生活を100%信仰に沿った形で送ることを目的としているのだといいます。
ところが、スペインや中南米の政治家や著名経営者にオプス・デイの信者が多かったことから、世界を支配する謎の集団、というイメージがついてまわっている模様です。


いかがでしょうか。
秘密結社に興味を持った人々は、ぜひ、お近くの友人と、気軽に秘密結社を作ってみるのもいいかもしれません。
数十年後には、その集団が、世界を変えるかもしれませんよ?

http://listverse.com/2007/08/27/top-10-secret-societies/


このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント :

コメントを投稿