2012年10月5日金曜日

カッコイイとはこういうことだ 「Cool Hunting」


雑誌『TIME』が選んだ2011年話題となったブログ「The Best Blogs of 2011」から一つを選んで紹介しています。
第16回目の本日ご紹介するのは「Cool Hunting」(クールハンティング)です。
ブログ「Cool Hunting」の勇猛なる流行の見張り番たちが、次にどんなもので注意を惹きつけようとするのか、誰も分からないだろう。確実に言えることは、それがカッコイイものだということだけ――それがこのブログをとてもカッコよくしているものだ。ブログの目的は、クリエイティブな人々へ日々の閃きのタネを届けることだが、目的は、ときに手作りのスノーボードやメキシコの喜劇、あるいは40年前の古いカメラの形をとって現れる。
ここ数日、いろいろなブログを見比べていますが、"cool "をテーマにしているだけあって、デザインが図抜けていますね。

カッコつけることは難しいです。
「アマカナタ」を始める前、私もカッコいいブログ作りを目指していたことがありまして、、
「カッコいいブログに似せたブログを作れば、カッコよく見える」
と考えていましたが、そうは問屋がうまく卸しませんでした。

少しはオリジナリティを出そうと、ほんの少しデザインを変えるだけで、統一感が失せてしまいます。
あちらを変え、こちらを削除し……などいろいろな手直しをして、現在の「アマカナタ」のデザインは出来上がりました。
ブログ主自体がカッコよくないため、カッコつけてもしまらないのでしょうかね。
ダサいロゴが、いいインパクトを出していて、今はブログの内容との統一感があるをのではないか……と自画自賛しています。

閑話休題。
「Cool Hunting」の最新記事を紹介しましょう。

★ Strathcona Stockings (ストラスコナストッキングス 2012年10月5日)
もともと「森と海の間の知られざる街」という設定のストラスコナソックスは、透明感のあるカナダの風土と、創業者であるリライ・オビルネの芸術家としてのしっかりとした視点を同時に反映したものだ。ロンドンのセントラルセントマーチンズ芸術大学と、カナダのエミリー・カーインスタテュート芸術大学を卒業したオビルネは、靴下をキャンバスにして、靴下それぞれにロサンゼルスのスタジオで自分で撮った写真やコラージュ写真をもとに、忠実に書き写しているのだ。
オビルネのクリエイターしての多才ぶりは、映画のパッケージデザインやファッション写真、芸術監修――最近有名なものとしてはアリッツァの見本帳――にまで広がっている。彼女の穏やかなスタイルはストッキングのデザインにも広がっている(後略)。
このような感じで、いろいろな流行の最先端が紹介されていました。

記事を紹介する上で、アマゾンでも買える商品がないかブログで扱っている商品を一つ一つアマゾンで検索をかけてみたのですが、ほとんどヒットしません。

アメリカで流行っているものの最先端ばかりを扱っているために、日本で販売されていないものばかりなのでした。

上の商品は、ここのサイトで売られているようですが、紹介文に、
STRATHCONA stockings(ストラスコナストッキングス)は、日本でもまだ取り扱いの少ない、若手ブランド。
オリジナルのプリントの、全て自分の工場でハンドメイドで作ったアイテムを展開しています。
などと書かれている程ですから、ほとんど知られていないものなのでしょう。

本当の流行の最先端に触れたいのならば、ここのブログは大変貴重です。


0 件のコメント :

コメントを投稿