2012年8月25日土曜日

神山健治監督の『009 RE:CYBORG 』が超coooool!

『サイボーグ009』といえば、石ノ森章太郎の作品で、何度もアニメ化されたためにご存じの方も多いはずです。

世界の様々な国籍を持った人間がサイボーグとなり、世界平和のために悪と戦う、という話です。

日本人がチームリーダーで最強であったり、中国人と黒人の描き方がステレオタイプだったり、チーム編成が白人に偏っていたりと、設定にはやや時代を感じるものの、多国籍の個性派が集結し、協力し、強大な人類の敵と戦うというコンセプトは、未だに斬新で、他の追随を許しません。

それを、神山健治監督が解釈しなおして、新しい『サイボーグ009』の物語を今年の秋(って、もう2ヶ月後ですよ、はやっ)、発表するのです。それが、『009 RE:CYBORG 』。

ゴタゴタ言わずにまずは、これを観ていただきましょう。
もう、かっこよすぎてしびれそうです。映像が綺麗で、登場人物も全員が美形に描かれています(張々湖が少し残念で、中国からクレームがきそうですが……)。

最初にこの映画について知ったのは、実はコマーシャルが最初でした。
いつも面白いCMを作ることで有名な人材派遣会社の「スタッフサービス」。ここから派遣されたサイボーグ003が、オーバースペックな能力を発揮して社内で大活躍(?)する、というもの。バカバカしくて笑えました。

笑うと同時に私は、003を観てクラっときました。う、美しい……。キャラデザインが、見事です。

キャラクターデザイン担当は麻生我等(あそうがとう)氏。あまりよく知られていませんが、以前NHKで放映されていた『精霊の守り人』のキャラデザをしていた方のようです。
ドコモのGALAXY Noteという携帯の宣伝のイベントに参加された時の様子です。

さて、『009 RE:CYBORG 』は、スタッフサービスだけではなく、様々な企業ともタイアップしています。ペプシのCMもありまして、、これまたカッコイイのです。まずは、「加速装置」篇から。

その次は、「スカイダイブ」篇です。

なんというか、しびれますよね。元ネタを知っていれば、もっと深い感動があるかもしれません。002は大変な友達思いで、009のために幾度となく空を飛び、009の窮地を救ってきたというキャラです。この二人の、ややホモセクシュアルな友情が、なんとも言えませんね。

実写版の009の宣伝用動画もありますが、こちらはやや怖い作りになっています。

これもなかなかいいでしょ?

今年10月27日の公開が楽しみでなりません。



本日読んで、気になった記事はこちら↓

★ 髪を早く乾かす裏技

髪を乾かす時、ドライヤーを使ってもなかなか早く乾かない髪の長い女性が、半分の時間で髪を素早く乾かすことができるとのこと。

方法は、乾いたフェイスタオルを頭にかぶって、タオルの上から、ドライヤーを当てて乾かすだけでいいそうです。

女性の友人に紹介したところ、「すごい。本当に早く乾いた!」という喜びの声をもらいました。



スマートフォンを使っている人には朗報です。こういうアイデアは、どうやって生まれるのでしょうね?

★ 針尾の無線塔がやばすぎる
戦前にこんな物を作ったのはすごいですね。技術力が高かったのか、戦後70年経ってもいまだ倒れず、立ち続けているのを知ると、涙が出そうになります。一度見に行きたいものです。


0 件のコメント :

コメントを投稿