2012年7月11日水曜日

プーチン流のイジメ撃退法



記事の冒頭に写真やイラストを用意するようになりまして、いろいろな画像を検索するようになりました。昨日も、「傲慢な人」などのキーワードをもとに、いろいろな画像検索、動画検索をしていました。その途中で見つけたのが、プーチンのこの動画です。





馬鹿馬鹿しいですけれども、笑ってしまいました。

彼は傲慢どころか、恐怖によって人を支配している独裁者ですが、なぜか憎めず、日本人から愛されています。この元ネタでは、赤毛の少年に同情した年上の先輩が、赤毛に髪を染めて寄り添ってみせますが、プーチンならばそれ以上のことをやってくれる、という期待感がよく現れた動画です。

最近大津市の中学校で起きたイジメ事件の内容を知るにつけ、この動画のプーチンのような政治家がいればいいのにと思った人は私一人ではないはずです。




ところで、ときどき街でみかけるこのキャラクター。名前が「プーチン」というのを初めて知りました。



日本のアニメ会社であるカナバングラフィックスというところが2006に製作した『ウサビッチ』というコメディアニメの主人公なのだそうです。1961年のソ連を舞台にしているそうですが、名前を現役の他国首相からとるあたり、少々失礼な気もします。タオルにもなるなど、多方面に商品展開しているようです。






本日読んで、気になった記事はこちら。↓
★ 大きな話ができる人
その場しのぎの対応ではなくて、なぜ原発が必要なのか、しかし、福島のような悲劇を起こさないために何をすればいいのかを、語ることの出来る政治家に登場して欲しいと、切に願います。今の民主党をみていると、政治家になってはいけない方々がなっている印象をもちます。



★ 北大、ダーウィン以来のなぜ働き蜂は自分で子を産まないのかという謎を解明 竹内久美子さんの『そんなバカな!』の愛読者としては、リチャード・ドーキンス以来当たり前の考え方でしたが、生物学の現場ではそう単純な話でもなかったようです。 今回の研究では、単為生殖も女王蜂に生殖を一任することも出来るシオカワコハナバチの、それぞれの遺伝子伝達量の違いを計算して、後者のほうが遺伝子保存に明らかに有利であることを統計的に検証したものだそうです。そうしますと、シオカワコハナバチも、現在は進化の過程にいるけれども、将来的には、女王蜂のみが生殖活動をおこなう社会システムを形成するのかもしれませんね。



★ -やばいぞ!- ネイルアートのリムーバーの危険性! ネイルアートをしている方々は要注意です! まさか、リムーバーにこれほどの毒性があるとは思いませんでした。劇薬指定になってもおかしくないリムーバーを、直接手につけて、そのままよく洗わずにh食事を作ってしまう女性も少なくはないはずです。気をつけましょう。



0 件のコメント :

コメントを投稿