2012年7月8日日曜日

結婚生活は長く続けたい


結婚するまでも大変ですが、結婚後も双方の努力がなくては、うまく続かないものです。結婚生活が破綻している人々の話を聞くと、最初は愛しあって結婚したはずなのに、なぜだろうといつも不思議に思います。

結婚生活がうまくいくためには、先人に学ぶのが一番です。

結婚で末永く幸せになるための9つのルール

一番最初の「10個の条件よりも一つの本質を見極める」という教訓に、私は大きく頷きました。いろいろな要望は人それぞれいくらでもあるでしょうが、誰しもこれは譲れない、というものを持っています。
そこが合わないと、結婚生活はうまくいきようがありません。とことん話しあって、嫌な面を積極的に見せておいて、その上で、納得がいかなければ、別れることも念頭に入れる必要があるでしょう。

最終的には、思いやりと、話し合いの積み重ねが大切という当たり前の結論となります。しかし、そこにいたるまでには数多くの試行錯誤が必要なのでしょうね。



ところで、昔、ダイソンという会社で作られた掃除機が、テレビコマーシャルを頻繁に飾って以来、ダイソンに大きな興味を持っていました。しかし、音がうるさい、という噂が根強く、だんだんと興味がうすれていたのですが、どうやら最近はそうでもなくなった模様です。
アマゾンの評価をみると、☆4つと5つが並び、高評価の模様です。昔は日本の家電以外考えられませんでしたが、「吸引力の変わらない、ただ一つの掃除機」というコンセプトといい、外観といい、素晴らしいの一言。もしも今の掃除機が壊れたら、絶対にこれを買うぞ、と意気込んでいます。





本日読んで、気になった記事はこちら。↓


★ トヨタ自動車は消費税還付金、毎年2000億円がなければ『赤字続き』の会社と判明!
どうして消費税のような、商品の購入を疎外するような税制に対して、トヨタなどの大手企業が反対の声を上げないのか、不思議でした。実はこういうからくりがあったのですね。輸出企業は、消費税分を輸出時に還付を受けるために、その分節税となって利益に計上される、という裏技です。




★ カメ寄り添って4700万年 交尾中?の化石見つかる
交尾している最中で死ぬなんて、幸せなのか不幸なのか……カメといえば、生殖器が大変大きくて有名です。
しかも激しい、という。人間も、「腹上死が最高の死に方」などとのたまう人もいます。幸せだったのだと思いながら、古代に思いを馳せましょう。



★ 愚者の行進
果たして、原発への反対デモが、愚者の行進となるのかどうか。国民へ、過ちを認め、関係者を処罰し、福島へ広範囲な補償を行い、その上で、なおかつ原発が今の日本に必要だということを真摯に訴えるという、地道な作業をなぜ政治家がなさならないのか不思議でしょうがありません。そこに対する民衆のフラストレーションを、池田氏は決して理解しようとしません。





0 件のコメント :

コメントを投稿