2012年6月26日火曜日

週末はデモでも行きますか。

首相官邸では、週末デモに参加する人々が、日に日に膨れ上がっているそうです。
6/22(金)には大規模なデモがあり、その数、主催者発表で45,000人といいますから、話半分に見ても、相当な数です。


作家や芸能人も多数参加しているのですね。

主催者は首都圏反原発連合という団体で、毎週金曜日に、首相官邸前でデモを行なっているといいます。とすれば、今週末辺り、デモをやってそうです。

昔はデモと言えば、小汚い格好の年配の男性がガナリ声を上げている、というイメージしかありませんでしたが、テレビを見ますと、もっと気軽に参加できる、運動のようです。仕事帰りにデモに参加して、そのあと飲んで帰る、なんていうスタイルが、これからはおしゃれになるかもしれません。

……って記事を、明後日UPするつもりで書いてたら、何故か今日付けてUPされてしまったので、意味が通るように字句を修正しました。どうもね、ブロガーは使い勝手が悪くて困ります。



本日読んで、気になった記事はこちら。↓



★ 権力と煙は高いところが好き?/空を仰ぎながら「支配」について考える
この分析は面白いですね。日本でもっと高い建物は電波塔だから、東京はメディアによって支配されていることが分かる、というのは、確かにおっしゃるとおり。



★ 陸軍中野学校「忍術」教えた、1期生資料で判明
忍術と聞くと、怪しいと思うのは、子供用のマンガなどで魔法使いのような描かれ方をしてきたから。でも、忍術はそもそもれっきとした武道の体系であり、日本では戸隠流の初見良昭氏などが地道な普及活動を行なっている、奥深いものなのです。暗器の使い方などは、今でも十分役立つでしょう。



★ 息継ぎをする必要がなく泳ぐことのみに集中できるシュノーケル
これは面白い道具です。泳いでいたら空気口から跳ね飛ばした水が入りそうですが、そうならない工夫がされているのでしょうね。



★ 終わりを迎えつつある中国共産党の宴
中国共産党も、無理に無理を重ねてここまで長期政権を維持してきましたが、ここまで中国が繁栄しますと、一党独裁だけではやっていけないと思うのですが。

もっとも、共産党とは名ばかりで、今では世界一資本主義のことを理解しているとも言われている共産党幹部の面々です。戦争さえなければ、このあと数百年、同じ政治体制を続ける可能性も、なきにしもあらず。



★ 日本は「人身売買根絶の最低基準を満たさぬ国」
歌舞伎町、飛田遊郭、雄琴、中洲、すすきのなど、日本各地の風俗街では、数多くの外国人売春婦が性産業に従事しています。これが問題にされているのかと思ったら、さにあらず。外国人研修制度が、今回のやり玉に上がったようです。

農村では、彼らを安い労働力としてしか期待していません。しかし外国人にとっては、日本の優れた技術を学ぶことが一番の目的であり、苦痛以外の何物でもありませんよね。

彼ら以外には働き手が来ない農家というのは、人使いが荒く、人間的にもどうしようもないような連中が多いものです。労働法を守らないのならば、経営者も農家も、まとめてしょっぴけばいいのに。

ほんと、そう思います。



0 件のコメント :

コメントを投稿