2012年6月22日金曜日

戦争だって、起こりうる

先日街角で、脱原発を訴える署名運動をしているのを見ました。

原発の爆発によって、ここまで影響がるとは思ってもいませんでした。今、日本の食品が軒並み輸出不振に陥っているそうです。放射能の汚染は予想以上に進み、思ってもいなかった作物に放射性物質が大量に付着しているのが発見された、というニュースが連日、マスコミで報道されています。

そのような報道だけをみると、脱原発に偏りそうになりますが、私はそれでも、原子力発電所はある程度は必要だろうと考えています。それは、戦争になった時のことを考えるからです。

「千年に一度の大地震」によって、東北の太平洋沿岸では大きな損壊を受けてしまいました。いつ大地震が起きるかわからないのだから、それに備えて原発の稼働を停止するべきだ、という気持ちも分からなくはありませんが、地震と同様、戦争だって、起こる確率は決してゼロではありません。いや、むしろ千年に一度の大地震よりも、起こる確率は高いでしょう。

原発がこれだけ日本で稼働することになった理由の一つに、戦中派のエネルギー政策のトラウマがあったことはよく知られています。15年戦争を中国と行なっていた時に、アメリカ、イギリス、中国、オランダは「ABCD包囲網」を作り、日本への石油輸出を事実上ストップしてしまいました。このままでは中国と戦えなくなり、日本はアメリカと先端を開かざるを得ませんでした。

戦後になって、そのトラウマがあった戦中派は、エネルギーの供給先が偏らないように、石油発電以外の発電の方法を探り、原子力発電に望みをつなぎます。日本に原発がやたらと多いのは、エネルギー源の多様化を狙ったものです。

それを考えた時に、原発を単純になくしてしまえばいいとは思えません。石油以外に、これほど確実に電力を得ることの出来る発電システムはそうそうないのですから。



本日読んで、気になった記事はこちら。↓


★ 朝日新聞デジタル:ニコニコ動画と朝日新聞、生き残るのはどっち?
まさか、天下の朝日新聞が、ニコニコ動画などと(自嘲を込めているとはいえ)同格扱いを認めるとは思ってもいませんでした。

今では、新聞紙を読むのは年寄りばかりになりましたね。若者はパソコンで情報を集めます。新聞に書かれている一次情報ならば、新聞社のサイトによらず、共同通信社や時事通信社のサイトをみればすぐに集まります。新聞を読む層がこれほど薄くなると、たしかに将来、朝日新聞が潰れてもおかしくはありません。



★ 「性欲低下」「肥満」「短命」・・・睡眠について知っておきたい10の豆知識 |
明石家さんまは4時間しか寝ないのだそうです。短時間睡眠者は、社交的だという調査結果もあります。自分がショートスリーパーなのか、ロングスリーパーなのかによって、上記の記事が自分にあてはまるかどうか、かなり異なるのではないでしょうか。



★ 無断で「市役所」フェイスブック、職員処分へ
フェイスブックも大きくなりました。公的な機関のような扱いになっていることに驚きます。



★ 日本は洗濯機もガラパゴス? 日米欧で方式なぜ違う
それぞれの地域に歴史あり。日本の洗濯機が、布地を傷めるということを知って、ショックです。布地を叩きつけている方が、記事を痛めそうに思いますが……いや、外国の人々の服は、確かに色落ちが少なかった記憶があります。もしかして、ドラム缶方式だったから、布地があまり痛んでいなかったのかもしれません。



★ 【衝撃ビール速報】新発売のキリン「グランドキリン」は開発者がマーケットを完全に無視した本物のビールだッ!!
これは飲まないと。
美味しいビールが恋しい季節となりました。





0 件のコメント :

コメントを投稿