2012年6月13日水曜日

新宿に穴場あり マルイの空中庭園 下

(昨日の続きです)

ドアを開けると、そこには品のいい、落ち着いた空間が広がっていました。

もっと鬱蒼とした広場をイメージしていたのですが、よく考えたら英国様式の庭園です。日本庭園のような、木漏れ日が池に差し込むものではなく、ここのように、整備されたのが彼の地のスタイルなのでしょう。

あいにくの曇り空。もしも天気がよければ、青空の下、とても晴れやかな気持ちになるはずです。しかし、曇っていても開放感にあふれていました。

赤いベンチと、そのそばに咲き誇る花。


庭園の脇にはいくつものベンチが置かれていて、誰もが自由に休めるようになっています。


この緑のアーチは、子供が喜びそうです。

庭園のあちらちらに、猫の置物が置かれていました。

ここにも。


そこにも。

あそこにも。

安全対策とプライバシー保護のためでしょう。庭園の周りはフェンスで覆われ、壁面にはバラが咲いていました。


このような池もあります。


ベンチには思い思いのかっこうでくつろぐカップルがいました。下の階でコーヒーを買って、ここで飲んでもいいようです。


庭内には色とりどりの花々が咲いていました。


ここが英国庭園のよいところ。日本庭園では主眼は緑に置かれるためか、色とりどりの花の美しさ、という点で比べると、英国庭園に軍配が上がるのではないでしょうか。かのシャーロック・ホームズは、引退した後、庭園のバラを育てることに余生を費やした、といわれています。季節ごとに花を愛でたいのならば、この英国様式庭園はお勧めですね。

時を過ごした一時間、空の下で味わった一時の開放感は、何物にもかえがたいものがありました。

コンクリートジャングルに疲れた時に、ほんの少しだけ、美しい花々を眺めながら心を癒すのもいいものです。



本日読んで、気になった記事はこちら。↓
★ 高速道路で飛来した鉄片=重傷を負ったバス運転手が見せたプロの仕事―江蘇省
バスの運転手の冷静な判断と、死の間際まで見せたプロ意識に脱帽です。中国といえば、経済の発展を取り沙汰する報道か、モラルがないとか、環境汚染だとかのネガティブな報道などが多いのですが、実際はこの運転手のように、自分の命よりもお客の安全を第一に考えるような素晴らしい人々もたくさんいるのです。映像を観ているだけで、涙が出そうになりました。



★ JCBの対応がすごいと話題に! 5000円の当選を100円にすり替え
すり替えというから、どんなにあくどいのかと思い、私もJCBの会員なので問い合わせてみました。
単なるサイト上の誤表記だったとのことで、印刷物に間違いがあったわけではないそうです。訪ねてみないとわからないものですね。というか、この程度で騒ぎ立てるのって、単なるクレイマーではないでしょうか?



★ カナダ・ウィスラーの国有地に無許可で建てちゃったツリーハウス
国有地に勝手にツリーハウスを建ててしまってはいけませんが、ツリーハウスは誰しもが憧れる建物です。実際に住めるのは、素敵ですよね。

昔、『不思議の島のフローネ』というアニメがありましたが、その時にフローネの一家が住んでいたのが、ツリーハウスでした。いつか住んでみたい、とも思っていましたが、憧れに終わりそうです。

実際の話、登ったり降りたりが大変で、居心地は悪いはずです(爆



★ 触手のようなツルを操りニオイを元に寄主を探す、世にも恐ろしい寄生植物「ネナシカズラ
寄生植物といえば、ヤドリギなぞが有名ですが、それでも葉緑素をもつもの。完全寄生する植物が存在するのですね。勉強になります。



★ 28年間トラックの運転手として働いてきた男性、直射日光が原因で顔の半分だけ老化が促進。
日光は怖いですね。昔は日焼けすることが健康の証と言われてきたものですが、日光にはほどほど当たるのがいいみたいです。昔あまり外に出ていなくて、良かった……。


0 件のコメント :

コメントを投稿