2012年4月15日日曜日

浮浪者が成功者になったという釣り記事

ほぼ浮浪者だった僕が成功者と呼ばれるようになるまでに実行した大切なこと10 というタイトルを読んでまっさきに思い浮かべたのは、堀之内九一郎さんのことです。

「マネーの虎」を観ていたときに、彼が元浮浪者だったということを知りました。そこで興味をもって彼の本を読み、


涙しました。波乱万丈の人生を送り、つかんだ成功。堀之内さんが書いた記事を見かけると、目を通すようになりましたね。

(このブログ主も、彼に勝るとも劣らない人生を歩んだのだろうか?)と興味をもって読み始めたのですね。でもすぐに、
>主催しているセミナーの資料準備
を早朝に行なっている、という箇所をみつけて、引いてしまいます。

(この人、ネットワークビジネスの関係者なんじゃないの?)

ネットワークビジネスは、人間関係を全てカネに変えようとするところが嫌いです。
できるだけ関わらないようにしたいもの。ネットワークビジネス関係者かどうかは、プロフィールの欄に「セミナーを主催している」と書かれているかどうかで、だいたい判別できるのですから、ああ、この人もその手の人なんだろうな、と思いながら読み進めると、
平日の朝は、上記のような過ごし方をします。ここまでやった時点で時計の針は大体午前4時30分を指します。季節によっては東の空が白み始めます。僕、ヨジラーなんです。まだ、世間の非成功者の大部分は目覚めてないのではないでしょうか。カラダとアタマが一番フレッシュな朝の時間を効率的に使うことにより、朝だらだら寝る人との間に大きな差がつくことになります。
と書かれていて、頭の中が疑問符だらけに。
だって、これだけのスケジュール量を30分でこなせるわけ、ありませんからね。

最後まで読んで、釣られたことがわかりましたが、爽快感よりも、不快感が増しました。普通ならネタだとわかるとニヤニヤと面白がるのですが、そうではなかったのは、この手の記事に対して、期待しながら読むから、裏切られたという思いが生じたからでしょう。こういう自己啓発をパロった記事には増えてほしくないな、というのが正直な気持ちです。




本日気になった記事はこちら。↓


何かを始めるときに、あれもこれもやろうと思ってすべてが中途半端になる、という人は多いと思います。冒頭に掲げた記事にも書かれている、早寝早起きにしても、ほとんどの人がそれを第一目標とするのではなく、早起きして、これもして、あれもして……と考えているものです。

ところが、早起きすること自体が、慣れるまでは大きなストレスです。上記の記事では、人間の自制心には限界がある、という心理学者の実験結果が紹介されています。つまり、早起きすることで自制心をかなり消費し、さらに別のことを行おうとするために、自制心のストックがなくなり、結局、何も自分を変えられないまま、再び元の怠惰な自分へと戻ってしまうのでしょう。


「いまの自分の幸せを理解できない」という言葉には身をつまされます。世の中には上を見ても下を見てもキリがないのに、自分だけが苦しいと、思いがちですよね。

もっと周りを見渡して、今の自分を幸せだと思えるようになりたいものです。


40代の人に話を聞くと、今の若者はケチくさいし詰まらない、と言う人が多いです。バブリーな時代、女性をゲットするために男性がお金を使うことが当たり前で、男性におごられることが当たり前の女性が多い年代だからでしょう。

では、今の30代より若い世代が不満を抱えているかといえば、そうでもありません。パソコンが普及し、記事にもあるとおり、「パソコンさえあればなんでもできてしまう」のですから、無理してお金を使う必要もありません。

正直な話、ネットにつながったパソコンと毎日の食事さえあれば、牢屋の中で一年暮らしたって、気が狂うことはないでしょうね。


時間をうまく使うための諸々のヒント。
それにしても、誰もが電子メールの処理に困っているようですが、私なんて普段人付き合いがないので、全然困りませんね!!(涙)


ホテルの情報は巷にあふれていますけれども、いざ、どこかに泊まろうと思った時って、どれで調べればいいのか思い出せないもの。

Yahoo! やじゃらんで宣伝するホテルでお茶をにごし、そのあと、近くにもっといいホテルがあるのを知って臍を噛む……という経験をした人は、おおいはず。

この記事、ブックマークしていたほうがいいかも知れませんよ?




0 件のコメント :

コメントを投稿