2012年3月27日火曜日

音楽違法DL トクホコーラ 等

梅が咲いたか 桜はまだか
年を取るのが 早くなる

「早いものだな。もう梅が散り始めている」
中野は、道を歩きながら、塀の向こうに咲いていた梅を指さした。

「へえ。こんなところに梅が咲いていたのか」
そう答えた裕作を、中野は軽くひじで突いた。
「注意力なさすぎなんじゃないか。通勤路だろう。毎日通っていながらこの梅に気づかないなんて、おかしくないか」
「俺が帰るのは、いつも夜だからな。この時間にここを通ることは、めったにないんだ」
「それは失礼」

中野は謝り、そして梅を眺めるために立ち止まる。
「それでも、これだけ白くて、盛大に咲いていたのなら、夜目にも目立つはずだが」
「梅は桜ほど、目立たないからな」
「だが、それがいい」

中野は、梅を見ながら、月を見た。
「一首、詠みたくなるな」
「お前に歌心があるとは知らなかった」

中野はクビをふる。
「残念なことに、ないんだな」
裕作は、笑った。
「そりゃ、よかった。マズイ詩を読まれて、この感興が削がれなくて済む」
「至言だな」
中野も笑うしかなかった。


本日気になった記事は、こちら↓

ニコ生では、ドフトエフスキーの作品を彷彿とするような、人間模様が垣間見れます。
底辺の人々の姿を目に焼き付けると、自分はここまで堕ちたくないという決意が芽生えます。


著作権が厳しすぎるのも、考えものです。
いつでもどこでもだれでも……というインターネットの最大の利点が、今、少しずつ失われつつあります。
いつか、今を「あの頃は良かった……」と振り返る時がくるかもしれません。
もっとも、クリエイティブな活動に対してインセンティブを与えない社会は、衰退していきます。
自由と繁栄を両立させることは、難しいですね。


そんなバカな。
トクホのことをうさんくさいと思ってましたけど、ますますそのイメージが強くなりました。


見事にミイラになってますね。3年間もたてば、完全に腐敗してしまうのでしょうか。
これだけ乾燥していると観ていても、あまり怖くはありませんね。むしろ、可愛くさえみえてしまいます。ニオイが大丈夫だったのかは、気になります。


元記事では裁判官を批判していましたが、裁判官は、法律に沿った判決を出しているだけ。
飲酒運転は悪いことですが、それだけで仕事まで奪うのは、たしかに厳しすぎたようです。
あの頃は、飲酒運転で一家を殺した公務員のために、「飲酒運転をする公務員」への風当たりが大変強かったのですが、それが緩和されてきたのでしょうか。



0 件のコメント :

コメントを投稿